気象庁は、防災上の教訓を伝えるために大きな被害が出た災害に名称を付けることがあり、気象災害に名称を付けたのは、おととしの「平成24年7月九州北部豪雨」以来です。

出典気象庁「平成26年8月豪雨」と名付ける NHKニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本列島を襲う未曾有の大雨被害!今月いっぱいまで要注意との予報

広島で大災害を引き起こした未曾有の大雨ですが、なんと今後も降り続き、8月いっぱいまで注意が必要との報道がなされています。この、日本列島を襲っている大雨のニュースについてまとめます。

このまとめを見る