1. まとめトップ

【動画】gleeファン必見!最悪ホラードラマのミュージカルシーンが楽しい

ホラー好き以外にはオススメできないgleeのライアン・マーフィー制作の「アメリカン・ホラー・ストーリー」。でもアサイラムで唯一現れるミュージカルシーンは必見。ネームゲームというかわいくて格好いい曲をジェシカ・ラングがメインで歌ってます。

更新日: 2018年05月25日

10 お気に入り 13886 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kaizinさん

アメリカン・ホラー・ストーリー:アサイラムの中で突如現れるミュージカルシーン!

63歳のジェシカ・ラングが歌い、踊りまくります。驚きの格好よさ!

不思議と違和感なしで圧巻のミュージカルシーン

元になったシェリー・エリスの「ネーム・ゲーム」

名前遊びと言うか、言葉遊びの歌ですね。

ある名前の頭文字を取ってしまって、韻を踏んだり、変化させたりして語感の面白さを楽しんでるんですね。
ちょっとリズムに乗った早口言葉的な要素もあるのかな。

例えば、Micah(ミカ)という名前だと、

Micah, Micah, bo-bicah,(ミカミカボビカ)
Bonana-fana fo-ficah(ボナナファナフォフィカ)
Fee-fy-mo-micah(フィーファイモミカ)
Micah!(ミカ!)

となるわけですが、公式化すると、(X)が名前として、(X-1)を、その名前から頭文字を取り去ったものとします。

メインはジェシカ・ラング

#注意!

ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー」はかなり過激なホラードラマなので、gleeはスキだけどホラーは苦手という人にはオススメできません。

アサイラム:オープニング

苦手な人はこのへんまでにしておきましょう!オープニングだけでも、十分にやばい感じが伝わってきます。シリーズでもアサイラムは大人気なんですが。。。

1960年代のアメリカ南部を舞台に、連続猟奇殺人事件の犯人"ブラッディ・フェイス"として捕えられた青年キットが収容されてしまう精神科病棟のおぞましい実態が描き出される。

1