1. まとめトップ

【沖縄B級グルメ】キングタコスのタコライスとは?

沖縄B級グルメの雄『タコライス』。そのタコライスを生み出したキングタコスのタコライスについてまとめました!

更新日: 2015年07月22日

Naoki72さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
52 お気に入り 102861 view
お気に入り追加

タコライスの起源

キングタコス(通称:キンタコ)

1番の定番は、やはりタコライスのチーズ野菜でしょう!

タコライスは、沖縄県金武町キャンプハンセンのゲート前に広がる飲食店街にある「パーラー千里(せんり)」「キングタコス」の創業者、儀保松三が米兵のために考案し、1984年(昭和59年)に生まれた。

そう、タコライスはキングタコスの創業者により考案されたものだったのです。
意外と歴史が浅いものだったんですね!

当時の円高により、それまで主な客であった米兵が外食を控えるようになったため、タコミートを利用してタコスよりもボリュームがありコストパフォーマンスのよい新メニューとして考え出された。
もともとは店員の賄い食だったという説もある。

金武町の同飲食店街では「キングタコス」と「パーラー千里」のそれぞれが「発祥の店」「元祖」と銘打ってタコライスを販売しており、どっちが正しいのかと言われたりするが、経営者は同じで「千里」が先である。

パーラー千里閉店…

看板が外され、31年の歴史に幕を閉じたタコライスの元祖「パーラー千里」

全国区の沖縄料理となったタコライスを初めて考案した金武町金武の「パーラー千里」が6月29日、閉店した。1984年の創業以来、31年間愛され続けた名店の幕引きに、ファンからは惜しむ声が聞かれる一方、系列店で同じ味を楽しみにしているとの声が聞かれた。

タコライスのメニュー

600円

タコライスにチーズと野菜が乗っています
これがスタンダード

ご飯はかるーく1合以上あるはず。
レタスもタコミートもあふれんばかり。
というか食べるときにうまく食べないとあふれ出ます。

500円

タコライスにチーズが乗っています

400円

タコスのみがご飯に乗っています

無料

これを多い人は、1食で1本使います。
結構辛いですので、最初は少しずづお使いください。

輪ゴムでとじても閉まりません…
最初の一口目は、こぼれないように注意!

サルサソースは、
・最初からのせる
・別の容器に
・なし
から選べますので注文の際に伝えましょう!

キングタコスでは、タコライス以外も色々食べられます

価格が店舗によって違う模様…
600円〜800円

なんと!facebookページもあるようです!

行きたくなったあなた!各店舗については、既にまとめている方がいます!

キングタコスではないけど…東京で食べられるタコライスの店

キングタコスのtweet

1 2





Naoki72さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう