1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

やつらが現れたら…ゴキブリが大嫌いなものを知っておこう

これをかければ…ひとまずOK!

更新日: 2016年04月24日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
927 お気に入り 258123 view
お気に入り追加

「G」が動き出したら…

「G」= ゴキブリさんです。

突然ゴキブリに出くわしてしまった時、アナタはどのような行動にでますか? 逃げる? 新聞紙を持って追いかける? 殺虫剤をひたすらかける?

ゴキブリが大嫌いなものを知っておこう【ゴキ対策】

【ゴキブリの嫌いなハーブ】

ミント
ハッカ
レモングラス
セロリ
クミン
キャラウェイ
ほか

ゴキブリに限らす、そもそも人間以外の生き物はハーブの匂いが苦手

ハッカやラベンダーなど刺激の強い匂いを特に苦手とし、ゴキブリ以外にも害虫を寄せ付けない効果があります。

甘いにおいのするハーブの使用は避けてください。

バニラビーンズ・アニスといった、甘い味・香りのするハーブは、逆にゴキブリを呼び寄せてしまいます。

アロマをたく

ゴキブリが特に嫌う香りは、「ラベンダー」「ペパーミント」「レモン」。これらのアロマオイルを、ゴキ対策に活用しましょう。

ハーブを育てるのもおすすめ

乾燥させてキッチンペーパーで包み、色々なところに置いておくと効果的なんだそう。できればこのほうが保存もできてニオイもきつすぎないので便利ですね。

ゴキブリは、オレンジやレモンに含まれるd-リモネンという成分が苦手。

レモン汁をかけると体がマヒしてしまうほど。オレンジやレモンの匂いのする台所用洗剤を使うと、それだけでゴキブリが出なくなることも。

レモン汁を吹きかける

レモン汁には樹脂を溶かす作用があるため、家具やフローリングに使用するのは避け、生ゴミ置き場などに吹きかけると良いでしょう。

ゴキブリは高濃度のアルコールも苦手

液体のアルコールを大量にかける必要はなく、100円ショップ等で売っている殺菌・消毒用のアルコールスプレーでも十分な効果を発揮します。

度数50パーセント以上のアルコールをかけられると、ゴキブリは呼吸ができなくなってしまいます。

ゴキブリは寒い環境が大の苦手。

20度以下だと、卵が孵化できず、摂食行動もしなくなります。また、乾燥にも弱く、水がない環境では長時間生きていられない種類のゴキブリもいるほどです。

熱湯で退治

電気ポットがあるお宅なら、熱湯はいつでも出せますよね。湯のみなどにお湯を汲み、ゴキにジャッ!とかけます。

それでも出てきたときの最終手段

液体石けんや中性洗剤で退治

息ができなくなります。

食用油で退治

液体石けんや中性洗剤でゴキを窒息死させるという方法が知られているようですが、実は食用油(サラダ油など)でもゴキは窒息死します。退治し終わったら(そのまましばらく置いておかないと復活するかも)、重曹をタップリ振り掛けて、油を吸収させ、チリトリなどですくってビニールに入れて口をキツく縛り、ゴミに捨てて下さい。

家庭で一番効果がある対策はホウ酸だんごなどの毒エサ。

毒エサは、食べると死ぬだけではく、その家がキケンだというサインを仲間うちで出しあい、そのうち来なくなります。部屋や収納の四隅や家具などの隙間部分、暖かい場所(電化製品のモーター部分など)に設置しましょう。

▼関連まとめ

1





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう