大永5年(1525年)、滝川一勝もしくは滝川資清の子として生まれたが、尾張の織田信長に仕えるまでの半生は不明である。父が甲賀出身であるとする立場からは近江の六角氏に仕えていたとされることもある。江戸時代に水戸藩の佐々宗淳から織田長清に送られた書状によれば、滝川家はそれなりに由緒ある家だったが、一益は博打を好んで不行跡を重ね、一族に追放され、尾張津島の知人のところに身を寄せたという。信長に仕えた時期は不明であるが『信長公記』首巻によると、信長が踊りを興行した際、「滝川左近衆」が餓鬼の役を務めたという記述があり、この時期には既に信長の家臣であったようである。『寛永諸家系図伝』には「幼年より鉄炮に長す。河州にをひて一族高安某を殺し、去て他邦にゆき、勇名をあらはす」とあり、鉄砲の腕前により仕官したという説もある。

出典滝川一益 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

[信長家臣]滝川一益とは?[戦国武将]

織田信長の家臣「滝川一益」(たきがわかずます、たきがわいちます)についてまとめます。

このまとめを見る