元亀元年(1570年)9月の石山本願寺の反信長蜂起に伴う石山合戦の開始で長島一向一揆も一斉に蜂起し、11月には信長の弟・織田信興が小木江城で討ちとられ、一益も桑名城に篭っている。その後、北伊勢で長島一向一揆と対峙しつつ、尾張守備、更に遊軍として各地を転戦することとなる。

出典滝川一益 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

[信長家臣]滝川一益とは?[戦国武将]

織田信長の家臣「滝川一益」(たきがわかずます、たきがわいちます)についてまとめます。

このまとめを見る