1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

早くも話題はドラフトへ…甲子園を沸かせたスカウト注目の逸材たち

スター不在が心配された甲子園だが、プロの注目を集めた選手は確かにいた

更新日: 2014年08月26日

TyamadaZさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
93 お気に入り 189964 view
お気に入り追加

甲子園を沸かせたプロ注目の選手達

昨年の甲子園を沸かせたプロ注目の両右腕、済美・安樂智大と前橋育英・高橋光成が不出場。

スター不在が心配された今大会だが、スカウトたちの目を釘づけにした選手はいた。

盛岡大付属・松本裕樹投手

MAX150キロ&高校通算54本塁打で注目された盛岡大付・松本裕樹(3年)

岩手県予選の決勝ではMAX150キロを記録、打っては通算54本塁打を記録している。

優勝候補筆頭の東海大相模(神奈川)を相手に完投勝利を挙げた。

優勝候補を相手に8安打3失点、7奪三振の好投を見せた

広島は23日、広島市内のマツダスタジアムで今秋のドラフトへ向けてのスカウト会議を行った。

高校生の指名候補を盛岡大付・松本裕樹投手ら32人に絞り込んだ

カープは、盛岡大付属の松本君をリストアップした

盛岡大付属の松本投手は確かに逸材だが故障が気になる。まあ投手でダメでも打者でも十分行ける。

盛岡大付の松本選手、怪我を乗り越えて頑張ってほしい。 そしてプロに行って思いきり投げてるところを見てみたい。 打者でも行けそうだけど

智弁学園・岡本和真内野手

今大会、一躍注目の的となった智弁学園(奈良)の主砲、岡本和真内野手(3年)

明徳義塾の好投手・岸潤一郎からタイムリーを含む2安打。存在感を見せた。

183センチで95キロの肉体。センバツで2本塁打、奈良県大会でも3本塁打、14打点、打率.556と打ちまくった。

プロのスカウトたちは岡本について「パワーなら超高校級。上位(指名)で必ず消える」と口をそろえる。

スカウト曰く清原和博タイプとのこと

智弁学園の岡本、ハムファンらしいな。大卒含めて今年のナンバーワン打者の一人なんだけど、ハム取ってくれないかなぁ……。

日本文理・飯塚悟史投手

飯塚は1回戦の大分(大分)戦から5試合、44回を1人で投げ切り、5完投。

日本文理(新潟)の長身右腕、飯塚悟史投手も安定した制球力と将来性に期待が掛かる。

飯塚はかつぎ投げで制球が不安定だった昨夏とは別人。自滅しない安定感を身につけた。

日本文理 熱い夏をありがとう。 飯塚君の夢の続きは、プロで楽しみに。

1 2 3





TyamadaZさん

このまとめに参加する