2006年 10月 当時、音楽経験のまったくなかったサラリーマンのスギム(当時36歳)が、行きつけのバーの常連客達とバンドを組んだが、初ライブの日、他のメンバー全員がドタキャン。やけくそになりリズムマシーンに合わせてパンツ一丁で行った即興パフォーマンスが「笑えるけど泣ける」と口込みで話題となる。
2012年関西を中心にライブ活動を行ってきたが、仕事との両立が困難となり脱サラ。東京や地方でのライブも精力的に行うようになる。

出典クリトリック・リス - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【クリトリック・リス】今、最も危険なアーティスト

とりあえず名前がアウト。ルックスというか風貌もアウト。楽曲はすごすぎてアウト。トリプルプレーですね。でもある意味スゴイ。見ないほうがいいかも。癖になるかも。

このまとめを見る