1. まとめトップ

可愛い~けどちょっと引く…動物の赤ちゃんとその秘められた生態

動物の赤ちゃんの画像まとめはたくさんあるので、余計なお世話だけどちょっと突っ込んで調べてみました…というまとめです。

更新日: 2014年08月25日

4 お気に入り 13774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ary33さん

もう「ブタ小屋」とか言うのいい加減やめて欲しい…。

ブタは知能が高く(教え込めば芸も覚え、自分の名前も認知する)清潔を好む生物であり、排泄をする場所は餌場や寝床から離れた決まった一ヶ所に決める習性がある

小動物の方でもビックリするでしょう…。

キリンはいつもは草を食べているが、時おり小鳥などの小動物を食べることもあるという。

ミノ、ハチノス、センマイ、ギアラ…。

ウシは4つの胃をもち、一度飲み込んだ食べ物を胃から口中に戻して再び噛む「反芻(はんすう)」をする反芻動物の1つである。

鵜飼のカワウソ版やってます。

12種類以上の鳴き声を使い分けていると考えられている。マレーシアでは飼いならされた本種が漁業に利用されることもある。

なんか「ハンニバル・レクター」を思い出してしまった…。

視野は 270–320°で、頭を動かさずに自分の背後を見ることができる。人や他のヒツジの顔を何年も記憶でき、顔の表情から心理状態を識別することもできる。

やっぱスパイク履いてたんか。

四肢は細長く、爪をさやに引っ込めることができない。これにより爪がスパイクの役割をして速く走ることに適している。

鼻先シュノーケルなのね。

5cm以上にもなるタワシのような硬い体毛に覆われている。泳ぎが得意で、前足後足には蜘蛛の巣状の水かきがついている。群れを成して泳ぎ、捕食動物から身を隠すために水中に5分以上潜ることができる。鼻先だけを水上に出して眠ることもある。

やっぱ寝てるとこしか撮れませんでした…。

一日のうち18-20時間を眠るか休んで過ごし、最も活動的になる時間は早朝および夕方。樹上で生活するが、木の葉を集めたものや、樹洞を利用したりというようなことはせず、特定の巣は持たない

良い夫をGETするのには、まず飛ぶ練習を…。

鳥類の種の95%は、社会的に一夫一婦である。これらの種のつがいは、最低でもその繁殖期の間か、場合によっては数年ないし配偶者が死ぬまで続く

フリッパーって言えば「らしい」けど、「トボガン」って…。

陸上ではフリッパーをばたつかせながら歩く姿がよく知られているが、氷上や砂浜などでは腹ばいになって滑る。これをトボガンという。

500kgの雄の個体の体重を維持するには1日に12,000-14,000カロリーを必要とし、これには1週間でアザラシ1頭の捕食を必要とする。

やっぱ虫も食べるんだ…。

主に草食性で、木の実、種子、果実、キノコ、草などの多様多種な植物を食べる。昆虫、鳥類の卵やヒナ、爬虫類、小型の齧歯類を食べる種もある。いくつかの熱帯の種は、ほとんど完全に昆虫食に移行している。

少し驚いた時におでこの針を立てます。
3番目は釣瓶師匠に似ています。

針のようなトゲは、体毛の一本一本がまとまって硬化したものである。これにより敵から身を守る。

お水につけて戻します。

シカのツノ(枝角)は皮膚が盛り上がって作られるもので毎年生え替わる。角は触ると硬いが、水につけていると自然と軟らかくなる。

1