1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

プラバン好き必見!白の粘土で作るタグやオーナメントが可愛すぎ

プラバンにはできないデザイン。それは凹凸のあるもの。それが粘土だとスタンプや身近な物をスタンプ代わりにして簡単にできるのです。白だからこそできるシンプル、粘土だからこそかなう洗練されたデザインがそこにあります。

更新日: 2016年11月27日

nonopokoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9597 お気に入り 828416 view
お気に入り追加

白の粘土ならではの温かみがある作品に

100円ショップ(ダイソー)のふわふわ粘土を使ってこんなモノを作ってみました。粘土を3~4mm程の厚さにのばして100円ショップ(セリア)の白と黒のデコラティブフレームを押し付けて型をとりアルファベット型を押してからまわりをカットして乾かすだけ。

100均でも手に入る色々な種類の粘土

100均にも色々な種類の粘土が売っています。
用途に合わせてえらびましょう!
一番上の写真のオーナメントの粘土はこれ。
・手につきにくい
・よくのびーる
・色の混ぜ合わせ自由
ふわっと軽いというだけあり、本当に軽いんです。
ラッピングタグなどの重みを出したくない時も重宝しそうですね。

粘土だから身近なもので型どりができちゃう!

凹凸があるデザインができあがるので簡単なのに、手作り感のないような本格的な仕上がりに。

夏のラッピングに海でひろったヒトデをぺたり。
麻素材の袋との相性もいいです。

ぺたりとハンコのよいに押し当てるだけなのにとても素敵な作品に早変わり。

出典ameblo.jp

凹凸があるものを見つけてデザイン違いを作りました。

はじめて一緒に住んだ記念に♡鍵のオーナメントを作るのも素敵なアイディア。

ひもを通す穴をあけるために子供用の細めのストローを使いました。

穴をあけるのも身近なストローでできるのが粘土の良さ。

粘土に頒布や麻などの布を押し当てると写真のようなざらついた風合いの表面ができあがります。

レースで型どりしたラッピングタグの作り方

身近なものが型にできるというのが、粘土のおもしろいところ。
かわいいお気に入りのレースを使って作ってみましょう。
・粘土
・ワックスペーパー
・ガチャガチャのケースまたは、クッキーの型など
型がとれそうなものであればOK
・粘土を伸ばせる棒

レースをおしあてる

そっとはなす。
失敗しても、粘土をまた、まるめて最初からやり直せばいいので恐れず、いろいろ試してみましょう。

好みの位置で型抜きをする

紐を通す穴をあけて、スタンプなどでロゴを入れるとかわいさが増します。
穴をあけるのはストローでできます。

いろんなデザインで作れるのでぜひ試してみてくださいね。

穴あけにストローがなかったり、小さい穴を開けたいときはキリや、目うちなどをお使いください。

スタンプをぺたり!の簡単デザイン

色つき色なしで違う雰囲気のデザインに。
真ん中にスタンプを押すか端に押すかでも違ってくるので色々なデザインが作れそうですね。

無造作にカットしたかたちでも味のあるデザインで素敵ですで。

石粉ねんどのまあるいタグに、数字をスタンプしました。
お部屋にかざる他、プレゼントなどのラッピングに使うのもオススメです。

プレゼントする方へのイニシャルをラッピングタグに使ったり、インテリアでのお家のそれぞれの持ち物の目印にするのもいいかも。

無造作にスタンプをおしただけでも凹凸ができ高級感があります。

1 2





nonopokoさん

手作り、DIY、リメイクが好きです。
自分の気になるネタを中心にまとめていきます。
みなさんのアイディアの参考になれば嬉しいです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう