1. まとめトップ

乗っている電車はいくら?思ったより高額な車両の価格

通勤、通学などで頻繁に使う電車ですが、乗っている電車自体は一体いくらかけて作られているのでしょうか?

更新日: 2014年08月24日

jobrankさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 21700 view
お気に入り追加

1両当たりの車両価格は?

「通勤電車は約1億円、新幹線は約3億円」と、1両当たりの新車価格の相場だそうです。

10両編成に通勤電車は、約10億円ですが、特急電車は、通勤電車より高く、7両編成で10億円を超えると言われています。
新幹線の16両編成で約40億~50億円になります。                 
1両の価格 
JR東日本 E1系 日本初の2階建新幹線車両 3億6000万円
JR西日本 500系 初の営業時速300Km/H 2億9000万円
JR西日本 281系 特急はるかに投入 1億6000万円
JR九州 885系 振り子式電車 かもめなどに投入 1億8000万円
JR東日本 209系 京浜東北線などに投入 9000万円
JR西日本 223系 直流近郊型 1億2000万円

通勤電車に関しては1両あたり1億円。
新幹線の場合は1両あたり3億円のようです。
これを高いと思うかどうかは人それぞれでしょう。

小田急のロマンスカーVSEは10両編成2本(20両)で35億円だそうです。車両価格のうち台車が占める割合はかなり高いのですが、VSEの場合には連節車のため、10両編成でも台車は11個しか使用していません。そう考えれば台車を除いた車体は比較するとかなり高価だということです。
また最新のロマンスカーMSEは16両で38億円とのことで、1両当たり2億円を軽く超えています。

電車1両平均で一億円として大きな間違いはないと思います。ただし特急や新幹線などのように接客設備や機能構造が重厚な車両は価格が上がることは当然なことです。また、当社の普通電車のように1両運転を可能とするため運転台を両端に設けたりすれば、当然車両価格は高くなります。実際にHK100形電車は1両2億円弱で取得しています。

新車ではかなり高額となるが中古の場合はいくら位になるのか

輸出関係者によると、日本製の新車を導入する場合は、1両当たりの相場は1~2億円程度だが、中古車両であれば輸送費を含めても1両1千万円程度で済む。

意外と本体価格は安いといいます。(100万円程度)
しかし、大問題があって輸送費・設置費が何倍もするのです。
もちろん、車両が置ける土地が必要です。

TVで放送された内容によると、鉄道マニアの医者、鉄道マニアの幼稚園の園長が、購入していました。やはり1000万円以上かかったとのことでした。

どこで購入することができるのか?

古くなった鉄道車両に改造・補修を施し、
再生した中古車両の販売と、販売後の保全管理も行います。

当社では、電車の更新技術を活かして、古い電車を改造、補修し、公園などの施設に運搬、設置します。そのあとの静態保存と保全管理を行います。また、古い電車の他社線での転用工事と動態保存をお手伝いします。その他、運転台製作技術を活かして、新旧電車の運転台実物模型や、本物そっくりなシュミレーターを製作します。
廃車の電車や車輪、台車、運転台などを、公園、学校、幼稚園などに設置したり、モニュメントとして利用したいご要望がありましたら、ご連絡ください。

協三製 20トン動車を販売しています。

当社では鉄道で使用された関連用品の取り扱いもしております。
鉄道関連用品は基本的に現品のみの販売となり、中には一般には出回らないレアなものもございます。

尚、こちらの商品に関しては、在庫状態が流動的ですので、品切れの場合がございます。
在庫や価格につきましては、お手数ですが弊社までお問い合わせいただきますようお願い致します。

また、小田急電鉄から承認を受け廃車車両等の中古部品をインターネットで販売し、小田急ファンの皆さまにもご好評を頂いています。
今後も、時代のニーズに応えるべく柔軟な発想で、「安全」と「高品質」を最優先に、業務を遂行してまいります。

1





jobrankさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう