1. まとめトップ

ドラマ『黒服物語』を200%楽しむ!キャバクラの中の人が教える注目ポイント

2014年秋 10月期スタートの新ドラマ『黒服物語』(倉科遼原作・毎週金曜23:15~24:15)について、キャバクラをプロデュースしている中の人の視点から注目するポイントをまとめています。

更新日: 2016年10月23日

8 お気に入り 23449 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

go_tmkさん

著者:倉科遼
作画:成田マナブ

他にも『嬢王』や『夜王』など水商売を舞台にした漫画を多く手掛ける。

“おぼっちゃま育ち”で世間知らずな主人公が一目ぼれしたキャバ嬢のために、東京・池袋のキャバ店に黒服として働き始め、欲望渦巻く夜の世界で成長していく姿と、ヒロインとの恋模様が描かれる。

禁断の恋ばかりがクローズアップされそうですが、ぜひキャバクラのリアルに迫って欲しいと期待しています。

あらすじ

医学部の受験に失敗した主人公、小川彰(20)が自暴自棄になって酔いつぶれていたところに、池袋のキャバクラ「ジュリエット」のNo.1ホステス杏子が通りかかります。
その杏子に一目惚れした彰はオープン前のジュリエットに「働かせてください!」と乗り込みます。

勤務初日にクラッシュしてお客様やキャストさんにお酒をぶちまけてしまいますが、それでも「初めて見つけた自分の居場所」と頑張ります。

徐々に仕事にも慣れてきたころ、尊敬する上司の原田が杏子とラブホテルから出てくるところを目撃してしまいます…!
ご法度である黒服とキャバ嬢の男女関係に怒り悲しみ、原田に黒服としての勝負を挑む彰ですが…。

そんなこんな紆余曲折を経て一人前の黒服に成長していく物語です。

主人公の黒服小川彰をSexy Zone・中島健人さん、ヒロインのキャバクラ嬢杏子を佐々木希さんが演じます。

中島さんのコメント
「“華やか”で“リアリティ”のあるドラマ…『 華(はな)リティドラマ』にご期待ください!」

ドラマをもっと楽しむ5つの注目ポイント

1 指名係(付け回し)の思考やキャストさんへのアドバイス

最も顧客満足の良し悪しを握るのがこの指名係です。
どのお客様にどのキャストさんを着けるか、どのタイミングで入れ替えるかをすべて指名係が決めます。好みや楽しみ方は人それぞれなので、お客様の顔色を観察しながら満足度を探ります。
さらにキャストさんに気持ちよく席に着いてもらうためにテンションを上げるのも大切な役割です。
極めようとすると非常に難易度が高いオペレーションですが、キャバクラをやっていて一番やりがいがあって楽しいオペレーションです。

付け回しと呼ばれることも多いこの役割、まさにキャバクラの真髄です。
ドラマの中でこの役割を演じる人が、どんな考えで采配をしているか、キャストさんに何と声をかけているかに注目しましょう。

2 華やかなキャバドレス

キャバクラの楽しみの一つに、日常ではあまり見かけないような華やかなドレス姿があります。

ここ2~3年は、「ザ・キャバクラ」のようなキャバスーツやロングドレスよりも、タイトなミニのワンピースっぽいドレスが流行っています。

佐々木希さんの露出度の高いセクシーなドレスに注目です。

3 接客中の会話やテクニック

おたがいの共通点を探してそこの照準を当て、会話を広げる。相手の情報をきっかけにして自分が興味のある分野の話に転換させる。

共通点探しはコミュニケーションの基本です。初対面でも地元が近いことが分かると一気に親近感が増して会話が盛り上がりますね。


間をつくる=相手の注意を引きつける。
例)「どんなタイプの男が好み?」「そうねぇ……」この後に間をつくることで男の興味をかきたて、知りたいという欲求を高める。

自分の考える時間としても効果的ですし、間をうまく使える女性は男心をくすぐります。


限定したり断定したりせず、相手が自由に想像して解釈したり、自分にとって有利に働く方向へと転換させたりすることができるようにしておく。
例)好みのタイプの男性は?→話しやすい人かなぁ。何食べたい?→さっぱりしたもの。

人は自分に都合の良い方向に解釈するものです(笑)


ギャップを作って自分のキャラをより魅力的にする。
例)清楚キャラなのにいたずら好き、セクシーキャラなのに実は奥手、天然キャラなのに礼儀正しい。

ギャップは女性も大好きですよね。

キャバ嬢さんは人を楽しませる会話のプロです。
ただなんとなく話しているわけではないので、「なぜこの話をしているのか?」という、会話の裏側にある意図に注目してみましょう。

4 黒服のキャストさんへのフォロー

お店のキャストさんを数人~十数人ほど担当に持ち、そのキャストさんが働きやすいように、稼ぎやすいようにサポートするのがマネージャーの役割です。
新人の女性には接客の仕方や指名の取り方を教えたり、ベテランの女性には指名実績が正確に把握できるようにポイントメールを送ったりします。

指名係と並んで大事な黒服の仕事の一つがマネージャー業務です。
毎日初対面の男性と会話するキャストさんはストレスも溜まります。そんなキャストさんの大変さを理解し、仕事を気持ちよく頑張れるような声掛けをしているか注目です。

5 顧客対応

地域差はありますが、キャバクラでも20%の顧客で80%の売上を上げているという2:8の法則は当てはまります。
お店はお客様の名前やボトルはもちろん、吸っているタバコの銘柄や好きな食べ物まで覚えていて、顧客が何も言わなくてもスッと出てくるようにしています。
たまに席に着いて一緒に飲むこともあります。

黒服と常連様とのやりとりにリアル感が出ているか注目です。

関連まとめ

1