1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

romonさん

苗山事件

能登半島地震の件でNHKから電話インタビューを受けた「苗山」という人物が、インタビュー中に突然音声が途切れ再びしゃべりだしたときには別人のようになっていた。

能登半島地震…2007年(平成19年)3月25日に石川県輪島市西南西沖40kmの日本海で発生した、マグニチュード(M)6.9の地震。穴水町、輪島市、七尾市で最大震度6強を観測し、石川県、富山県、新潟県で震度5弱以上の揺れを観測した。(wikiより)

放送後、特に「苗山さん」についてキャスターが触れることはなく、音声の変化は謎のまま。

NHKアナ「あのー、怪我をされたり、ガラスが割れたり、壁が落ちてきたりというような状況はありましたか?」
苗山さん「今~のところは、まだはいっておりません。」
NHKアナ「それはないですか。」
苗山さん「はい。」
NHKアナ「ただ、そのー、停電になったとおっしゃいましたね?」
苗山さん「はい。」
NHKアナ「今、あの、そちらの中能登町役場は、庁舎内は停電になっていますか?」
苗山さん「いや、あの~、ここはなっておりません。」
NHKアナ「あ、そうですか。」
苗山さん「ええ。それとですね、すぐ、そういう事態になれば、あの~、非常発電もありますので。
それについては、もう~、機能的には、あ~、じ…(不自然に途切れる)」

―沈黙―

NHKアナ「…もしもし?」
???「はい?」(明らかにさっきの苗山さんと声が違う!?)
NHKアナ「あっ、あの…、えー、引き続き、苗山さんでしょうか?」
自称・苗山さん「はい?」(聞こえてるのに疑問系で質問に答えない)
NHKアナ「あ、もしもし?あの、電話の方、代わられましたですか?」
自称・苗山さん「いえ、代わっておりません。」(早口3倍速)
NHKアナ「あっ、あの…、苗山さんですね…?」(確認3回目)
自称・苗山さん「・・・・・」(答えない)
NHKアナ「あ、今も信号機の停電などは確認…、あの、停電によって信号機が、例えば、あの…、
止まってたりというようなことはあるでしょうか?」(動揺しまくり)
自称・苗山さん「ふきゅ…しております。復旧しております。」(早口3倍速)
NHKアナ「あ、復旧していますか…。」
NHKアナ「はい、わかりました。」
自称・苗山さん「はい…」
NHKアナ「情報収集中、どうもありがとうございました(←無理やりまとめて電話切った)」

出典 おまえら【苗山さん事件】覚えてる?今でも動画見ると背筋が凍る不気味な怖さがあるな…
http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1480934622/

苗山さん

様々な説

苗山さんに席を離れざるをえない急の用件があり、代わった人が代わった経緯を説明したり自分が名乗ったりするよりも通信をそのまま続けるのが大事だと判断した。

苗山さんが他の受話器に替えるボタンを押してしまった。そして全く別の部署の電話機が鳴って、全然事情を知らない人がとった。

苗山さんに急用が入って急遽バトンタッチした人が平静を装いつつも動揺を抑えきれず、矛盾した返事になったり早口になったりした。

圧力説

ネット上では誰かの圧力により人を変えられたなど、色々と深読みがされている。

苗山さんの現在は

「今も現役」「所在不明」など情報がはっきりとせず詳しくはわかっていない。

・まとめ内の画像はイメージです

1