1. まとめトップ

どんな人たち?平成27年大河ドラマ 『花燃ゆ』・歴史上の人物【ネタバレ】

【出演】井上真央大沢たかお伊勢谷友介東出昌大長塚京三檀ふみ奥田瑛二原田泰造優香大橋律久保田磨希北大路欣也松坂慶子東山紀之石丸幹二内藤剛志若村麻由美高良健吾瀬戸康史劇団ひとり要潤大野拓朗佐藤隆太鈴木伸之音尾琢真阿部亮平内かたせ梨乃麻生祐未井川遥宮崎香蓮小島藤子津田寛治ビビる大木高橋英樹

更新日: 2014年12月23日

1 お気に入り 22370 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

abstracterさん

●ドラマ番組表
【2014年秋ドラマ】番組表 http://matome.naver.jp/odai/2140707345030418401
【2015年冬ドラマ】番組表 http://matome.naver.jp/odai/2140508431061361901
【2015年春ドラマ】番組表 http://matome.naver.jp/odai/2141742012051989401

●アニメ番組表
【2014年秋アニメ】番組表 http://matome.naver.jp/odai/2140768232509242801
【2015年冬アニメ】番組表 http://matome.naver.jp/odai/2140517257118486301
【2015年春アニメ】番組表 http://matome.naver.jp/odai/2141893539420484001

1月スタート 平成27年大河ドラマ 『花燃ゆ』毎週日曜20:00〜

2015年1月スタート 

 NHK  日曜20:00〜

ドラマ公式サイト
http://www.nhk.or.jp/hanamoyu/

【出演】井上真央 大沢たかお 伊勢谷友介 東出昌大 長塚京三 檀ふみ 奥田瑛二 原田泰造 優香 森永悠希 久保田磨希 冨田佳輔 北大路欣也 松坂慶子 東山紀之 石丸幹二 内藤剛志 若村麻由美 山下真司 高良健吾 瀬戸康史 劇団ひとり 要潤 大野拓朗 佐藤隆太 鈴木伸之 音尾琢真 阿部亮平 内野謙太 かたせ梨乃 津田寛治 北見敏之 芳本美代子 小島藤子 宮崎香蓮 井川遥 川島海荷 泉澤祐希 麻生祐未 本田博太郎 田中要次 ビビる大木 宅間孝行 高橋英樹 山田萌々香 板垣李光人 大橋律 山田瑛瑠 山崎竜太郎

作:大島里美 / 宮村優子
音楽:川井憲次
題字:國重友美
語り:池田秀一
タイトルバック:チームラボ
長州ことば指導:巽純子
制作統括:土屋勝裕 / 小松昌代
プロデューサー:堀之内礼二郎
演出:渡邊良雄 / 末永創

平成27年大河ドラマ 『花燃ゆ』 キャストと歴史上の人物について

出典eiga.com

兵法を研究する兵学者にして松下村塾の主宰者。 11歳で藩主の前で講義をするなど天才だった。1854年国禁を犯し下田に停泊中の黒船に乗り込み密航を試みるも失敗して自首。故郷の萩で獄中生活を送る。その後自宅で蟄居の身となり塾を開き多くの才能ある若者たちが集まったが塾生と日夜議論を交わすうちに過激な思想に傾き尊王攘夷を実現するために江戸幕府の老中暗殺まで計画する。藩により再び投獄されて1859年に江戸に送られ安政の大獄によって処刑される。享年30。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E8%B0%B7%E5%8F%8B%E4%BB%8B

出典eiga.com

長州藩でも名門の高杉家の嫡男として生まれる。藩校・明倫館で学ぶが松下村塾に通うようになる。松陰の死後上海に渡り中国の惨状を目にし高杉は久坂とイギリス公使館焼き討ちを行い過激な尊王攘夷活動を実行する。1863年外国からの防備のため奇兵隊を結成するが四国艦隊が下関を砲撃し、幕府の長州征討が進められ幕府への恭順を唱える「俗論派」が台頭するが「俗論派」を一掃し幕府軍との決戦を前に長州藩諸隊の軍備強化をしたが1866年戦いの最中、持病の肺結核で翌年生涯を終えた。享年29

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E8%89%AF%E5%81%A5%E5%90%BE

出典eiga.com

松下村塾では高杉晋作と並ぶ「双璧」とうたわれ、松陰から「天下の英才」と賞賛され た。美声の持ち主で身の丈180㎝以上。18歳で松陰の妹・文と結婚。杉家で暮らす。松陰の死後長州藩内の尊王攘夷派のリーダーとして活躍。1862年藩の方針を公武合体から尊王攘夷へ転換させイギリス公使館を焼き討ちし下関を通る外国船を砲撃し攘夷を実行するが1863年8月会津藩と薩摩藩を中心とする公武合体派によって京都を追われ翌年軍を率い上洛するも連合軍に敗れ鷹司邸内で自刃する。享年25

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%87%BA%E6%98%8C%E5%A4%A7

文の父。下級武士で、禄高26石と薄給だったため、畑仕事をして大家族の暮らしを支えた。無類の読書好きで、米をつきながらでも本を手放さなかった。農作業をしている間、本が読めないのをなんとかしたいと、子どもたちに本を朗読させ、それを聞きながら畑を耕したという。 松陰が自宅で孟子の講義をするようになると、たびたびその話に聞き入っていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%A1%9A%E4%BA%AC%E4%B8%89

貧しい杉家に嫁ぎながらも、持ち前の大らかさで家族を明るく支えていく優しい文の母。松陰が松下村塾で教えるようになると、塾生たちの食事の世話をしたり、自らも学んだりするなど、積極的に塾と関わっていった。子どもたちを風呂に入れるのが好きで、松陰が安政の大獄で処刑される直前、一日だけ帰宅を許された際にも、松陰を風呂に入れ、我が子の無事の帰りを祈ったという。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AA%80%E3%81%B5%E3%81%BF

出典eiga.com

山鹿流の兵学者。スパルタ教育で、幼い松陰を鍛え上げた。
講義中に蚊にさされた頬をかいた松陰に、「頬がかゆいというのは『私』である。『公』のために学んでいる時に『私』を優先させるとは何事か」と言って激しく叱ったという。明治維新後、再び松下村塾を開いて教育に心血を注いでいたが、明治9年(1876年)に前原一誠が起こした萩の乱に多くの門弟が参加したため、その責任を取って自ら命を絶った。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E7%94%B0%E7%91%9B%E4%BA%8C

杉家の長男。幼い頃は松陰と同じ布団で寝ていたほど兄弟仲がよかった。早くから松陰の志を理解し、松陰から旅費の相談があれば、生活を切り詰めながらも金を送り、松陰が野山獄に入れば、望みの書物を届けるなど、常に松陰を支え続けた。維新後の明治13年(1880年)、幕末を生き抜いた梅太郎は、松下村塾を再興し、松陰の志を伝え続けた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%94%B0%E6%B3%B0%E9%80%A0

出典eiga.com

文の姉。小田村伊之助(後の楫取素彦)に嫁ぎ、長男篤太郎と、次男・久米次郎をもうけた。幕末の混乱の最中、夫の小田村伊之助が野山獄に投獄されたり、幕府軍が押し寄せてきたりする中でも気丈に振る舞い、"烈婦"として評判になったという。仏教に深く帰依しており、夫が群馬県令に就任した後は、県内各地に説教所を開設するなど布教に力を注いだ。また、県内で生産された生糸の直売ルート開拓のために渡米する新井領一郎に、兄・松陰の形見の短刀を渡したことでも知られている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%AA%E9%A6%99

長州藩第13代藩主。有能な人材を藩政に登用して改革を推し進め藩の財政を建て直した。家臣たちに十分に議論をさせたうえで信頼して任せることが多かったため"そうせい侯"とも呼ばれていたという。また、藩校の明倫館を移転・拡充させるなど、藩士の教育にも力を注いだ。松陰が11歳の時に兵学の講義を受け、その英才ぶりに感銘を受けて以来、松陰を陰ながら庇ひ護ごし続けた。明治2年(1869年)に家督を子の元徳に譲るまで、32年間の長きにわたって藩主の座にあった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%A4%A7%E8%B7%AF%E6%AC%A3%E4%B9%9F

1 2