1. まとめトップ
  2. おもしろ

わかれば簡単。ジュゴンとマナティーの違いと見分け方

ジュゴンとマナティー。見ているだけで癒やされる太めの体型とのんびりとした雰囲気はそっくりなんですが、実はまったく違う生物なんです。

更新日: 2018年11月11日

71 お気に入り 691633 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zooingさん

ジュゴンとマナティーはまったく別の生き物

トラとライオンの間よりももっとずっと離れたちがいのある動物です。

こっちがジュゴン。

こっちがマナティー。

そっくりです。
ですが、細かく見ていくと、やっぱり違いはあります。

尾びれの形が違う

マナティは、しゃもじのように丸みを帯びた形で、ジュゴンはイルカやクジラのような尾びれ。

マナティーは丸いへら型をしています。ジュゴンは三角型です。わからなくなったときは「まるいはマナティー」と覚えるとおぼえやすいかも・・。

口の形も違う

▼ジュゴン

ジュゴンは海の底に生えている海草を食べるので、口が下向きになっています。

▼マナティー

マナティー属は海面に浮いている水草を主食とするので、その口の付き方は前者ほど下向きではありません。

エサが違う

▼ジュゴン

空輸のアマモを贅沢にめしあがるジュゴンちゃんは、1年間の食費が約2000万円と言われている。

▼マナティー

野生のマナティーは水草を食べていますが、ここではホテイアオイやレタス、キャベツ、白菜、カボチャ、ニンジンなどを与えています。

ジュゴンと良く似たマナティはレタスなどを食べるので経済的。

住んでる場所が違う

▼ジュゴン

1 2