1. まとめトップ

【閲覧注意】ドッグフードの原料はゴミ!? ペットフードの本当にヤバい現実【グロ】

まず、ペットフードは「食品」ではない。ペットフードの原料は人間が食べられない「ゴミ」でできていることをまず知って頂きたい。

更新日: 2014年09月17日

25 お気に入り 138087 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

285pさん

まずはこのショッキングすぎる【暴露記事】を読んでください

動物用飼料製造工場の床には何千もの犬や猫の「生の原料」が積み重ねられている

ショッキングすぎるアメリカのドッグフード原料の暴露記事

*****************************
牛や羊、豚、馬から切り取った頭や蹄もある。皆忌々しいほど気味の悪いものである。
ネズミもアライグマも皆加熱切断されるのを待っている。

室内温度30℃の中で、その死骸の上にはものすごい数のウジが群がっている。
バンダナで覆面をした二人の男が小型のブルトーザーを操縦して、その死骸をすくい取り、深さ3メートルのステンレス製のピットに搬入する。
その男たちは、汚れ仕事をするために、メキシコから来た不法就労者である。
ピットの底にある巨大な螺旋状の錐(きり)が回転し始める。
骨がポキポキ折れる音や肉を圧搾する音は夢魔の唸り声のようであり、決して忘れることのできない。

レンダリング(rendering)は生の動物の死骸から有効な油脂分を搾り取る工程である・・・

大前提:ペットフードは食品ではない!

わんこの食べるものは食品扱いされていないんです。
ドッグフードは農水省はもちろんどこの管轄でもなく、
中にどんなものを混ぜようとも表示の義務はありません。
どころか嘘の表示をしようとも、何の罰則もない

「牛、豚、鶏など消費者(人間)の口に入る動物の飼料は、飼料安全法(飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律)によって規制されますが、ペットフードは対象外です。」農林水産省/畜産局流通飼料課

一昨年から一応の法律が施行されたが、内容はまだまだ・・

ペッドフードの原材料をしってますか?

ほとんどの市販のドッグフードには、犬にとって不要または有害とみなされる材料が含まれている。[4]
肉骨粉
畜産副産物
穀物

スーパーマーケットなどで売られている、人間の食べる肉は一番安くても100gあたり100円ぐらいです。しかし、原材料が肉中心のドッグフードが、ディスカウントストアなどでは10kg1000円以下で叩き売りされています。単純に計算すると100gあたり10円という計算になります。

犬の完全栄養食は100グラム当たり100円なら良質な方

特に有名ブランドだから安心という気持ちは楽観過ぎます。有名ブランドこそ、危ないのです。なぜなら人はブランドを信じるが故に盲目になっていることを、有名ブランドは知っているからです

今お使いのドッグフードをラベルの原材料表示部分を見てください。「肉類副産物」なんて成分表示があれば、そのドッグフードはヤバイです。

肉副産物とは、肉自体ではなく、動物の肺、肝臓、腎臓、胃、腸、血液などを含んでおり、粗悪なドッグフードでは糞尿や屍、羽などが含まれている場合がある

なかには4Dのものもあります

4Dミートとはなにか?

アメリカでは肉の基準としてランク付けがされていますが、
一番品質の高い物は霜降り・テンダーカットなどの1ランク、Prime。

段々とランクは下がり、7ランク以下だと人間の口に入らなくなります。

4Dはその最低ランクの9ランクです。

Dead:死骸
Diseased:病気
Dying:死にかけ
Disabled:障害のある

今にも腐りそうになった肉をドッグフード会社に卸しているそうです。
でもこんなのマシな方です。
傷みかけでも一応はちゃんと肉ですものね。
先程の「病気の肉」では
ウィルス感染したものや癌にかかったその部分ですらも使うんですから。

ドッグフードのラベルには、その成分としていろんなことが記載されています。その理由がわかりますか?
チキンミール? ミートミール? フィッシュミール? 獣脂
これらはすべてレンダリング製品です。

つまり肉骨粉からできている。

さらに極端な例を挙げると、保健所等で殺処分された犬や猫の骨や肉、内臓を細かく砕いてペットフードに混ぜられていたくらいです。

徳島市、鳴門市、佐那河内村が、路上などで死んだ犬猫の死がいの処理を一般廃棄物処理の認可のない徳島市内の肉骨粉加工業者に委託していた

出典犬猫の死がい処理委託問題 徳島市などが業者への委託を中止 県は陳謝 /徳島[毎日新聞/徳島2月22日]

肉骨粉加工業者はドッグフード用及び肥料用として業者に販売しているのです。交通事故にあって亡くなった猫や、病気の為安楽死させられた犬の死体を、もしかしたらあなたのワンちゃんが食べているかもしれないのです。

穀物なども、人間の食用とならないものを利用して作られているのが、ほとんどのペットフードだ。
穀類の場合は、農薬の残留濃度が高くて食品の安全基準に不合格なものや、腐敗したものである。
 動物の食事としては麦類、米、とうもろこしなどだが、大豆を用いたフードが多いが、これは避けるべきである。

ドッグフードを作るために合法的に使用されているもの

屠殺場の廃棄物 : 器官、頭部、蹄、嘴、足
穀物の不合格品 : トウモロコシの穂軸や葉柄、ミル工場の清掃物、異物混入穀物
動物の死骸 : 病死した動物や不要となった農場の動物
轢死した動物 : 鹿、スカンク、アライグマ

蒸留酒製造業の廃棄物
腐敗したスパーマーケットの廃棄物
動物園で死んだ動物
レストランの廃油
安楽死した犬や猫の死骸

1 2 3 4