1. まとめトップ

その代償はあまりにも大きい!?ハニートラップ(美人局)の恐ろしさ

女性スパイが対象男性を誘惑し、性的関係を利用して情報を手に入れる手法であるハニートラップ。心を許したが最後、骨の髄までしゃぶられてしまうほどの策謀はしたたかで恐ろしいものです。男性は気をつけたいものですが…色気には勝てず!?

更新日: 2017年04月25日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 33585 view
お気に入り追加

■美人局の常習犯か 出会い系に書き込んだ男性から現金脅し取った容疑で無職男を逮捕 大阪府警

インターネットの出会い系アプリに書き込みをした男性から現金を脅し取ったして、大阪府警刑事特別捜査隊は24日、恐喝容疑で、住所不定、無職、郡山啓太容疑者(21)を逮捕した。「何も言いたくない」と黙秘している。

逮捕容疑は、昨年10月上旬、携帯電話で出会い系アプリに書き込みをしてきた大阪市内の男性会社員(22)に対し、「まだこんなことやってんのか。半殺しにするぞ」などと言って消費者金融から現金計90万円を借りさせ、脅し取ったとしている。

 府警によると、男性は同8月ごろ、出会い系アプリを通じて知り合った無職少女(17)の兄を名乗り現れた郡山容疑者に「俺の妹に何してくれてんねん」などと脅され、現金数万円を手渡していた。

 男性は再び出会い系アプリで書き込みをしていた同12月中旬、郡山容疑者の身内を名乗る男らから現金計85万円や無理やり契約させられた携帯電話を脅し取られており、府警は今年4月17日、無職少女を含む17歳~24歳の男女4人を恐喝などの容疑で逮捕。その後、今回の事件に関する郡山容疑者の関与が浮上した。

■「なに俺の女に手を出してんねん」出会い系サイト通じ会社員を暴行・監禁 少年2人を逮捕

男性を暴行して金を奪い、車の中に監禁したとして、京都府警北署は21日、強盗致傷容疑などで、いずれも19歳の住所不定、会社員の少年と、京都市の自営業の少年を逮捕したと発表した。いずれも監禁行為は認めているが、「金は取っていない」などと容疑を一部否認しているという。

逮捕容疑は3月25日午後10時半ごろ、同市北区内の飲食店の駐車場で、同市伏見区の男性会社員(25)の腹を蹴るなどして暴行。さらに車に押し込み、約4時間半後に解放するまで車で連れ回して監禁した上、現金8千円とスマートフォンを奪ったとしている。

 同署によると、男性は出会い系サイトで女性と会う約束で駐車場を訪れたところ、少年らが現場に現れ、「なに俺の女に手を出してんねん」と因縁をつけてきたという。

 男性は同月16日にも出会い系サイトを通じて別の女性と会った後、少年のうち1人に5千円を奪われる被害に遭ったと話しており、同署が関連を調べている。

■ウーマン村本、芸人をターゲットにしたハニートラップ女の存在を明かす

6日、ウーマンラッシュアワー・村本大輔(36)がMCを務めるAbemaTV『恋のポイント村本くん』が放送された。この番組は偏った恋愛観を持つ村本と、“恋の猛者”な美女たちによる「赤裸々恋愛エピソード」を採点する恋愛トーク番組。今回は女性タレントSPとして、元AKB48・高城亜樹、モデル・鈴木あや、タレントの祥子、紅蘭、熊切あさ美が登場。恋愛をテーマにぶっちゃけトークを展開する中で、村本が芸人をターゲットにしたハニートラップ女の存在を明かした。

名だたる芸人たちが、吉本興業が関わるイベント『沖縄国際映画祭』で沖縄に集結していた時のこと。村本が芸人仲間と飲みにクラブへ行くと、そこに一人で飲んでいる女性がいたのだという。しかし、「早速ナンパしようと思ったら、後輩から“あの子、○○さんとの写真を週刊誌に売った人ですよ”って止められた」。なんとその女性は芸人が集まっているところに現れ、ナンパされるのを待って連絡先などを交換し、関係を持ってその写真を週刊誌に売っているのだと注意されたという。村本は「岡村隆さんとか有名な人もたくさん来てるから、物色しにきてんねん」「芸人は警戒心がなくてすぐに引っかかってしまうから」と語った。

 しかし村本はここで「ほかの女の子が捕まらなかったし、しょうがない、コイツのネタになるか」と思って、あえてそのトラップに引っかかりにいったそう。ところがなんと「断られた」という意外な結末。「VIPルームに、トレンディエンジェルとかピスタチオとか、当時グイグイ来ていた芸人がおって」「芸人によって週刊誌に売れる値段があんねん」と語ると、「ハニートラップも人を選ぶんだ」とゲストたちから大爆笑されていた。

このクラブにはお笑いコンピ・デニスの植野行雄も来ていたそう。「ゆきおちゃん、クラブに入って10分後に、チビでブスなやつと歩いてた」「イケる奴でいいんや、もうちょっと粘ろうやと思った」と目撃談も語っていた。

■岡村隆史 AVクイーン名乗る女性から騙された過去を告白

お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史が20日、ABC「明石家ハッピー独身寮」(後3・00)に出演し、24歳の時にハニートラップにかかったことを明かした。相手は当時のAVクイーンを名乗る女性だったが、顔が作品と全然違ったらしく、明石家さんまは「こいつアホや」とだまされたことを指摘した。

番組では、岡村が1994年、24歳の時に週刊誌で「セクシー女優とペアルックで朝帰り」と報じられたことを振り返った。岡村はさんまを見ながら、「さんまさんはハニートラップに3回連続で引っかかったって。ぼくは24歳の時に引っかかった」と告白を始めた。

 岡村は「昔でいうAVクイーンって言われた子。名前を聞いたらだれでも知ってるような。でも顔が全然違った」と出演作と顔が違うことを述べた。岡村が女性に「作品と顔が違うね」と指摘すると、「メイクでどうにもできるんです」と返答。岡村は「そうなんや」と答えたという。この時点でだまされていたことに気づいていないことから、さんまは「こいつアホや」と笑った。

岡村は当時、東京にまだ拠点はなく、ホテル暮らしをしていたという。その女性は「岡村さんのためにマンションを借りました。いつでも自由に好きなように使ってください」と申し出たという。東京都中野区中野坂上のマンションだった。岡村が所属事務所のマネジャーに報告すると、「断ってきなさい」と命じられた。

 岡村は断りを入れるためにそのマンションに行ったところ、女性は当時はやっていたアディダスのロングコートを持って「着て下さい」と贈られた。女性も着ていた。岡村はコートを着て女性に断り、「ごめんなさい」とマンションを出ると、即、「バシャバシャバシャって撮られた」とカメラマンの標的になったことを振り返った。その女性は上手に驚きの表情と動作をスローで作っていたという。

岡村は事務所に写真を撮られたことを報告。事務所は「箸にも棒にもかかられへん、お前の写真なんか出えへん」と一蹴した。それからしばらくし、フジテレビ「笑っていいとも」のテレフォンショッキングのコーナーに出演が決まった時に出版社側から事務所に「出します」と連絡があり、出たという。

 岡村はその女性と「何にもしてない」と納得いかない表情を浮かべ、「(AV)作品とは違う人。コートをくれた人。全部、だまされた」と話した。

■出会い系で呼び出し“美人局”少年ら逮捕

援助交際を持ちかけて呼び出した男性に対し、恐喝を繰り返していたとみられる少年らが逮捕された。

 警視庁によると、恐喝未遂の疑いで逮捕された無職の高村初音容疑者(22)と19歳と18歳の少年2人は、去年10月、出会い系サイトで知り合った会社員の男性(28)を東京のJR神田駅付近に呼び出し、「人の女に手を出しやがって」などと因縁をつけ暴行を加え、現金を脅し取ろうとした疑いが持たれている。

 少年らは「美人局(つつもたせ)をすれば簡単に恐喝できる。被害者は訴えることもできない」と仲間に教えられたなどと話しているという。警視庁は少年らが他の仲間らと共に去年8月から3か月間で少なくとも4件、同様の犯行を繰り返していたとみて調べている。

■無期限謹慎処分の狩野英孝に同情の声も「狩野が被害者」「嵌められた」「女性が悪い」

現役女子高生(17)との未成年淫行疑惑が浮上したピン芸人の狩野英孝。21日都内で記者会見を開き、詳しい経緯などを説明した。狩野の会見は各媒体で報じられているが、ネット上では狩野へ同情する声も数多く上がっている。

 狩野は会見で、「(彼女の事を)22歳と聞いて知り合いました」と語り、大人の女性として真剣に交際していた事を明かした。二人きりで会う機会や狩野の自宅に招いた事もあったという。その後、女性の口から十代だという事を伝えられ、狩野はそこで相手が未成年だと認識したと説明した。狩野は今回の騒動に対して責任を取り、無期限の謹慎処分となる。

ネット上では「ワキが甘い」「だらしない」「やらかしたな」などと狩野を批判する声も上がっているが、女性が年齢を偽っている事もあるため、「狩野が被害者」「相手の女性が悪い」「嵌められた」「狩野がかわいそう」「女もヤリ手」「同意ならいいんじゃない」「狩野の言うことがすべて本当なら何も悪くない」などと狩野を同情する声も上がっている。

 ちなみに、民放第731条で「男は、18歳に、女は、16歳にならなければ、婚姻をすることができない」と定められているため、「16歳でも結婚できるのになぜ?」「じゃあなんで女性は16歳から結婚できるの?」「法律がおかしい」など、法律との矛盾点を指摘する声も上がっている。

■高畑裕太事件報道の影響か? 「芸能人は安ホテルにいる!」“美人局”が大量発生中

「明らかに“高畑事件の影響”でしょう……あれは」

 困惑の表情をしているのは、映画プロデューサー。来春に公開予定の作品を撮影中、宿泊先に怪しい美女が出入りし、出演者に接触しようとしていたというのだ。

「ある夜、スタッフのふりをした女性が、若い俳優の部屋番号をフロントから聞き出し、部屋をノックしたんです。俳優はその前夜、徹夜で撮影が続いていたので、運よく爆睡中。警備員もいない小さなホテルで、スタッフから話を聞きつけた私が直接、その女性に何者か聞くと『ファンです』と。でも、長年この仕事をやってますから、熱狂的なファンはそれとわかるし、いかにもファンだという感じの内容を話すはずなんですよ。これはおかしいと思って、スタッフに女性を尾行させたら、すぐ近くの駐車場で2人組の男が待っていたんです」(同)

プロデューサーは、これを悪質な美人局だと判断し、警察に通報したが、「被害事実がないため、話を聞いて、周辺をパトロールしてくれただけだった」という。

 ほかのスタッフの証言では、同じ女性が前日もホテル内をうろついていたという。

 このプロデューサーが引き合いに出したのが、若手俳優・高畑裕太の強姦致傷事件だ。結局、不起訴となったが、その過程で高畑側が被害女性に1,500万円の示談金を支払ったことが報じられた。こうした報道を受け、芸能人相手に美人局を狙う連中が続々と出てきたとしたら恐ろしい話だが……。

「なにしろ、有名人とひと晩寝るだけで大金が入るっていう認識が広まってしまったからね」(同)

 今回狙われた俳優は、実家が資産家で知られる20代のイケメンで、いかにも美人局に狙われそうなタイプでもあった。

「映画俳優が高級ホテルに泊まるっていうのは、一部の大作だけの話。映画は昔より儲からなくなったから、最近はロケ先で安いビジネスホテルもよく利用するし、そうなると第三者が出入りしやすい。高畑は相手がホテル従業員で、強引に連れ込んだということだったけど、環境的にはむしろ女性のほうからアプローチしやすい」(同)

 芸能関係者によると、かつて美人局は暴力団がらみの、かなり大きな組織犯罪によるものばかりだったが、最近は素人が思いついたような感じで、2~3人で仕掛けてくることが多いという。

「昔、石原慎太郎を狙ったことでも知られる大掛かりな美人局や、外国人力士に仕掛けた風俗系の連中などもいて、公にならなかった事件は無数にあった。今はベッド写真さえあれば『ネットで情報を拡散するぞ』と、簡単に脅しやすいため、素人でもできるようになった。ただ、ハニートラップを仕掛けるには美女が必要で、女性が元タレントというケースも多い。元タレントなら、そういう場所に出入りもしやすいし、一時、元タカラジェンヌが率いた美人局グループがジャニーズタレントを狙って動いていたって話もあった。芸能界と美人局の“腐れ縁”は、今後も切れることがない」(同)

 結局は、狙われるタレント側が気をつけないと、防ぐことは難しい美人局。高畑事件の余波で、大金をせしめようとする連中が各所に出没し始め、危険度は、より一層高まってきたといえそうだ。

■「ハニートラップ」で禁錮刑の元プレイボーイモデルが逃亡

ボスニア・ヘルツェゴビナのマフィアのボスを暗殺する企てに協力し、「ハニートラップ(色仕掛け)」を行ったとして、同国で禁錮刑を言い渡された米男性誌プレイボーイ(Playboy)の元モデル、スロボダンカ・トシッチ(Slobodanka Tosic)被告(30)が、刑務所への収監を前に姿を消したことが分かった。裁判所が6日、明らかにした。

禁錮刑を言い渡した裁判所の報道官はAFPの取材に対し「ボスニア・ヘルツェゴビナ裁判所の要請に基づき、スロボダンカ・トシッチに対する国際刑事警察機構(インターポール、Interpol、ICPO)の逮捕状が発行された」と語った。

 トシッチ被告は2006年に、マフィアのボス、ジョルジェ・ズラーレ(Djordje Zdrale)氏とデートの約束をし、同氏と敵対する犯罪組織のボス、ダルコ・エレス(Darko Elez)被告に引き渡した。エレス被告はズラーレ氏を暗殺しようとしたが、ズラーレ氏はけがをしたものの逃げ延びた。

ボスニア・ヘルツェゴビナの控訴審は7月、トシッチ被告に2年6月の禁錮刑を命じた下級審の判決を支持した。トシッチ被告はそれまで首都サラエボ(Sarajevo)に近い両親の家で、移動の自由を制限されながら過ごしていたが、刑務所へ収監される日に出頭しなかった。

 報道官は、裁判所が逮捕状を要請するのに時間がかかった理由について詳しく語らなかったが、警察が当初、ボスニアでトシッチ被告を捜索しようとしていたためとみられる。

 トシッチ被告は19歳でミス・ボスニアに輝き、隣国セルビアに移住後の08年に同国版プレイボーイ誌の表紙を飾った。しかしトシッチ被告は、ボスニア最大規模といわれ、12年に一斉摘発が行われたエレス被告の犯罪組織の一員であることが分かっている。

■北朝鮮北 韓国要人にハニートラップ

1 2 3 4 5 6





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど