三店方式というのは、
① お店はお客様がやってくると、玉(あるいはメダル)を「貸す」事で、遊技を楽しんでもらう。
② 次にお客様が大当たりして、玉がいっぱいになったら、その数を集計して景品に交換する。
③ 景品には「一般景品」と「特殊景品」の2つがある。
④ 一般景品は、日用品や雑貨などと交換する事ができる。但し、10,000円までの景品ですよ。
⑤ 特殊景品は、金やボールペン、ICカードなどと交換されて、それを景品交換所に持っていくと「古物商である景品交換所」は現金で買い取る。
⑥ 最後に、景品交換所で買い取った特殊景品を業者が買い取り、またそれをお店に卸す。

出典換金と呼ばれる「三店方式」って何?|ぱちんこ店解体新書|みなパチ :: みんなのパチンコ初心者向けページ

お店とお客様と「景品交換所」の存在があって、お店とは全く別の会社が運営しており、違法性がないという理屈である。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

警察庁「パチンコ店で換金行為があるなど、全く存じ上げない」

自民党の「時代に適した風営法を求める会」で、警察庁の担当者が「パチンコで換金が行われているなど、まったく存じあげない」などと述べていることが明らかになりました。この警察庁の見解の詳細とパチンコ店における換金行為の実態をまとめました。

このまとめを見る