1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

実は考えすぎかも…?他人の目を気にしない5つの対策

他人から自分がどう見られているか気になることがあります。過度に気を使いすぎてしまう人は、他人の意見に流されがちです。どのような対策が必要なのでしょうか?

更新日: 2014年08月26日

2197 お気に入り 1737272 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●他人から自分がどう見られているか気になることがある

他人の目が気になる、自分がどう見られているか気になる、という人がいます。

他人の評価を気にしすぎると、自分がどうしたいかより、人にどう思われるかが自分の行動の基準になってしまい、自分の価値観ではなく、他人の価値観で、自分の本当の気持ちを抑えて生きていくことに

過度に気を使いすぎてしまう人は、自分の意見は飲み込んでしまい、相手が気に入る話(提案)や行動をしがちです。

●他人の目が気になる原因

・ネガティブに意識することで、さらに気になってしまう

他人の目をネガティヴに意識すると、相手の思いを確かめるのがとても怖くなります。

他人の目をネガティヴに意識するようになればなるほど「拒絶される」という恐れが強くなります

・自尊感情が弱いため

「自尊感情」が弱い人は自分の短所に劣等感を持ち、他人からの評価を気にする傾向が強くなり、他人との良好なコミュニケーションがとれないという事態になることもしばしばです。

・自分が自分をどう見てるかを意識しすぎる

他人を気にする最大の原因は「自分を良く見せたい気持ち」に尽きると思います。

悪く見られるのではないか」「批判されたらどうしよう」「きっと○○と見られちゃう。○○と思われないようにしなきゃ」という不安や緊張が自分にあるから。

人目が気になるというのは、実際は「人があなたをどう見ているのか?」ではなくて、「自分が自分をどう見ているのか?」が原因となっている場合がほとんどのようです。

●他人の目を気にしない5つのコツ

1.「人にどう思われるか」の前に、 まずは、 「自分はどうしたいと感じるか?」と考える

「社会のものさし」も、「他人のものさし」も、生きていく上で必要不可欠なものですが、その前に、「自分のものさし」を持っているかどうかが大事なのです。

2.批判されることは当然にあると思っておく

ダメ出しされたり、誰にも相手にされなかったりなど、自分が望んだ評価を得られないこともあります

さらに、一生懸命頑張れば頑張るほど、周りとの温度差ができてしまい、それが原因で批判の対象になったり、周りから陥れられたりすることもあります。

3.必要以上に背伸びせず、ありのままの自分でいること

1 2