1. まとめトップ

知ってた?サバイバルナイフに付いてるギザギザの使い方

サバイバルと言うとなぜかギザギザが付いてる印象があります。このギザギザって何に使うのでしょうか?調べてみたのでまとめました。

更新日: 2014年09月28日

13 お気に入り 93540 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gnottiさん

モンハンの武器にもよくついてる / サバイバルナイフの峰の部分についているあのギザギザって何のためについているのでしょうか? #okwave #q4118625 okwave.jp/qa/q4118625.ht…

▼ノコギリ的な使い方みたい

繊維ロープやツタなどの繊維を切るためだと言われています、丁度鋸の様に使ってね。

又動物の解体等で筋を切る時にもストレート刃では滑りやすいのでギザギザが役に立ちます。

一般にサバイバルナイフは厚みがあり(5mm程度)、また鋸の形状も鋭くないものが多い。

 このため木を切るには時間や体力を費やす必要があるものが多い。

 しかしこれもデザインや素材、加工次第だ。

例えば映画「ランボー」に登場したナイフのスタイルの鋸刃は、鋭くないため一見役に立たないように見えるが、かつてカスタムナイフメーカーが行ったデモでは0.5x4インチの板材を切る程度のことはできていた。

 また、パイロットが携行する(あるいは機内に収納する)サバイバルナイフは、機体から脱出するため軽金属を切る・こじあけるために鋸刃を使用する。

 デザインによってはロープを切るなど木を切る以外の目的に特化したデザインのものもある。

単なる飾りです。

国土交通省、港湾・空港整備事務所が安全マニュアルを作成する際、潜水士の作業中に送気ホースが絡まった場合を想定して切断用のナイフとして実験した結果、引っ掛かりの抵抗が大きく使えないとしてボツになっています。

サバイバルナイフと自分で書いといてあれはサバイバルナイフで合ってるんだろうかと不安になったので調べたらちゃんと合ってたけど、あのナイフの刃の背中のギザギザは鋸代わりに使うものだったのか知らんかった………

サバイバルナイフの裏側のギザギザは細い枝とか太めの草をなぎ切る時に使うものじゃないでしょうかね。今日、釣り場でレザーマンを使ってそういう作業をしていたんですけど、ナイフだと勢い余ってオーバーランするのが怖いので、あのギザギザが欲しいなぁ…と思いましたw @kiranaoki

サバイバルナイフのギザギザな部分あるじゃろ?あれはノコギリとして使えるが、室内戦闘で敵と遭遇した際、ギザギザを敵の体に引っ掛けて倒すテクニックにも使えるのじゃ pic.twitter.com/L2sV1Aq7cc

1