1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

これからは性能よりも機能性!!カシオの新型カメラに注目です!!

カメラと本体が分離&合体できちゃう超便利カメラがカシオから新登場!!注目すべき特徴は、リモート機能・wifi機能などなどなど、これまでのカメラには標準搭載されていなかった部分に、大きく着手した努力が伺えるカシオの社運を賭けた逸品だと言えるでしょう。

更新日: 2014年08月29日

shinseinetさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
40 お気に入り 9800 view
お気に入り追加

カシオ計算機は、レンズを切り離して撮影ができるコンパクトカメラを発表しました。 カシオが発表したカメラは、液晶画面のある本体とレンズ部分を切り離すことができ、自­由なアングルで撮影したり、10m程度離れた場所から撮ることも可能です。

カシオ計算機は26日、デジタルカメラ“エクシリム”の新製品として、カメラ部と液晶画面付きのコントローラーを簡単に分離でき、フリースタイルで自分撮り・みんな撮り・後ろ撮りなど多彩な撮影が楽しめる「EX-FR10」を9月19日に発売すると発表した。

「構えてシャッターを押す」という常識から撮影者を解き放ち、フリースタイル撮影を実現する新発想のデジタルカメラ

コントローラー部とカメラ部に分離することで、これまでに無い撮影ができるとするモデル。コントローラー部とカメラ部はBluetooth経由で画像やライブビュー映像の転送を行う。

新しい撮り方を創造するセパレート型デジタルカメラ “自分撮り · みんな撮り · 後ろ撮りを一台で

セパレート型の本体によって、自分撮りやみんな撮り、後ろ撮りなど、これまでは難しかったアングル、思い付かなかったようなアングルで撮影できる。

カメラ部分と液晶モニタ部分はBluetooth接続となり、カメラ部分を離れた場所に設置して、液晶モニタ部分を使ったリモート撮影が可能。

カシオのカメラEX-FR10は、コンパクトなボディに1400万画素の高画質撮影を可能とした超が付く高性能カメラだ!!!

一体型のときはレンズ下に液晶がくる構図となり、自分撮りがしやすい設計

一度カメラ部とコントローラーを起動すれば、その後はBluetooth®での接続状態を維持しており、素早く撮影を開始できます。また、カメラ部とコントローラーともに、防塵 · 防水設計と2.0mからの落下に耐える強度を実現しています。

カメラやコントローラーを首からぶらさげる「ネックストラップ」、コントローラーをぶらさげるのに便利な「カラビナストラップ」、市販の三脚ネジに取り付ける「三脚ナット」を同梱

1





shinseinetさん

話題のニュースや個人的に使えると感じた情報を発信いたします♪



  • 話題の動画をまとめよう