1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ありえない...。今もなお韓国に蔓延する「人肉カプセル」

人間の死体を利用して製造した、いわゆる「人肉カプセル」が、今もなお韓国に密輸されていることが分かった。「人肉カプセル」の効果や人体への影響などまとめてみました。

更新日: 2014年08月27日

78 お気に入り 220017 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

中国産の「人肉カプセル」

人肉カプセルとは、死産した赤子や生後1~2カ月の乳幼児の死体などから作られた、中国産の粉末入りカプセル錠剤である。

驚愕の製造方法

その製造方法は、人間の赤ん坊を乾燥させた後すり潰し、粉末状にして、カプセルに詰め込むというのものである。人間が材料であるので、毛髪がカプセル内に混入していることもある。

一部の病院では医師と看護師が組織的に関わる形で、胎盤や死んだ赤ん坊をブローカーに販売していた。買い取られた遺体は冷蔵庫に保管されたのち、まるで漢方薬を作るかのごとく、乾燥させ粉末状にし、カプセルに詰め込まれていた。

作業は薬を調合するための専門的な場所ではなく、一般的な家。

本当に人間の肉で作られている...。

なぜ「人肉カプセル」だと分かったのか。それは、韓国の国立科学捜査研究院が成分を分析したからだ。その結果、内容物は人の塩基配列と100%一致。

2011年9月には、韓国の関税で摘発された中国人から、密輸カプセル4000錠あまりが押収された。成分を分析したところ人間のDNAと99.7パーセント一致したという。

韓国食品医薬品安全庁は、押収した人肉カプセルの成分分析をした結果、無作為に選んだカプセル12錠全てから人間の遺伝子が検出され、実際の人肉が使用されていることを確認したとした。

このカプセル何の効果があるのか?

韓国では滋養強壮剤として流通

韓国内では主に重労働につく在韓中国人が「滋養強壮剤」として服用しているほか、末期がん患者が購入している事例もあった。

韓国では人肉カプセルが「男性の性的能力を高める」として人気で、中国からの密輸が問題になっているという。

当然そんな効果は無く、ただ有害なだけ

“効いた”としても思い込みの可能性は高く、最近ではカプセルから人体に有害なバクテリアが検出されていることから、むしろ身体に害を及ぼす可能性の方がある。

秘密取り引き業者は人肉カプセルを万病に効く薬と宣伝しているが。抗生剤も効かないスーパーバクテリアなど致命的な物質が入っており健康に危険だと韓国政府は警告している。

多剤耐性菌まで検出されているというから、飲めば病気になる可能性もある。

人肉カプセル1錠で細菌などの細菌187億匹が検出されB型肝炎ウイルスが発見されたこともある
ことが確認された。

一時は取締りが強化されたが...。

韓国の主要テレビ局のが2011年、中国の製薬会社が妊娠中絶クリニックと協力して胎児や死産の赤ん坊を原料とするカプセルを製造しているとするドキュメンタリー番組を放映した後、韓国当局による同薬物の取り締まりが開始された。

今もなお韓国で蔓延している事がわかった。

2011年以降の3年間に6万錠密輸

人間の死体を利用して製造した、いわゆる「人肉カプセル」が、今もなお韓国に密輸されていることが分かった。

韓国関税庁が26日、与党のセヌリ党の朴明在(パク・ミョンジェ)国会議員に提出した資料で明らかになった。

資料によると、2011年8月から今年7月までに人肉カプセルを韓国内に密輸しようとして摘発された件数は117件で、摘発された量は6万6149錠に及んだ。

1 2