1. まとめトップ

ウォーキングめんどくさい…。そんな人へのお手軽朝活ダイエット♪

朝、ウォーキングすると気持ちいいし、ダイエット効果もある!ってよく聞きますが、正直早起きしてウォーキングめんどくさい…。って思うことありませんか?そんなあなたへ、ウォーキングよりもっと簡単!朝できるお手軽ダイエット法をまとめました。

更新日: 2014年08月28日

38 お気に入り 26415 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

きららnnさん

朝がダイエットに適している理由

朝に体操や運動などで体を動かすと、体温と代謝が一気に上がるので、エネルギー消費量が多くなり、太りにくく痩せやすくなります。

もともと午前中はエネルギー消費が高いので、運動することによりさらに代謝を上げることができます。

食事した際の消化・吸収に伴って熱を発散するときに消費されるエネルギー には、一日の時間帯のうちでも違いがあり、最も多いのは午前中だから!

たとえ朝食を食べ過ぎたとしても、1日のエネルギー消費が多いため他の時間と比べ、消費されやすくなります。

いきなり朝活はハードルが高い…。まずは早起きをすることに慣れましょう

ほんの1、2分早く起きる

少しずつ早めに起きる癖をつけます。
いきなり30分前起床は続きません…。

ちょっとした工夫でも効果があります!

常温のお水が良いようです。体を冷やす冷水はNG。
一杯の水で代謝をアップさせ血液の循環も良くなり、内臓の働きが活性化するなどの効果が得られます。

朝起きて、日光を浴びることが、体重の減少につながるのには、実はきちんとした医学的根拠があったのです。

午前8時~正午の間に20~30分間だけ日光を浴びるだけ!
体内のリズムが整うので、睡眠が安定し疲労が取れやすくなり、代謝が上がるそうです。
ベランダでゆっくりコーヒータイムでもOKです!

歯磨き中は片足を上げる

普段の生活にちょっと負荷をかけるだけでもトレーニングになります。

簡単ストレッチ

目覚めたあとにストレッチを行い、日中代謝が高い状態を保ちます。

眠っている体を起こす軽いストレッチ。
ベッドの上で両手と両足を伸ばし、手首や足首をグルグル回します。
起き上がるときは体全体を伸ばすようにしてゆっくりと起こします。

1:仰向けの状態で片足を抱え込み胸に引きつけます。
20秒ほど行ったら逆の脚を行いましょう。

2:仰向けの状態から片足を天井に向けて持ち上げます。
20秒ほど行ったら逆の脚を行いましょう。
1と2を余裕があれば2-3セット行ってください。

朝気持ちよく動くには寝る前も大事だったりします。

寝る前にストレッチをしてほぐすことにより、質の良い睡眠で疲労がリセットされ、筋肉が柔らかくなり、動きも大きくなるため代謝があがります。

食事も少し変えると脂肪燃焼効果が上がる!

チューブ入りのしょうが(小さじ1)とはちみつ(大さじ1)を紅茶に入れて飲みます。

しょうがで体温を上げ、はちみつで脳を働かせます。
身体が温かくなり、代謝アップにつながります。

代謝をあげてくれるたんぱく質をたっぷり摂るのもポイント。朝からがっつり肉、とはいかないでしょうから、牛乳やヨーグルト、卵が僕のおすすめです。もちろん炭水化物もしっかり摂ってください。

タンパク質で筋肉をつくり、脂肪燃焼効果もアップです!

1