1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

親の働く姿を!「子ども参観」がじわじわ広がってる

子どもが親の職場を訪問する「子ども参観」を導入する企業が増えています。企業にとっては家族の理解を得ることで従業員の職務への専念と意欲向上を図り、従業員同士のコミュニケーションの円滑化をもたらすなどの効果があると捉えられているようです。

更新日: 2014年08月28日

miha5さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
49 お気に入り 47181 view
お気に入り追加

授業参観でなくて子ども参観

「子ども参観日」は学校で実施されている「授業参観日」とは逆に、子どもたちが主役となって職場で親の仕事ぶりを参観するイベント

お父さん、お母さんの職場を子どもたちに知ってもらおうという「子ども参観」

仕事を体験し仕事への理解を深める

実際に父母が行う業務に挑んだほか、来訪を心待ちにしていた施設利用者とゲームを楽しんだ。

普段は見せられない自分たちの働く姿を家族に見てもらい、仕事に対する家族の理解を深めてもらうこと」を目的

次世代育成支援対策の一環として、今年も子どもたちの夏休み期間を利用して「子ども参観日」に取り組んでいます。

社員と家族間の仕事に対する理解を深めるきっかけになることを期待

親子のコミュニケーション増加も

親の働く姿を見てもらい、ワールドグループへの理解を深めてもらい、家族のコミュニケーションの一助にしたい

社員の家庭内でのコミュニケーションを広げ、活力向上を図る取り組み

子どもたちも大満足

お父さんが働いている所が知りたくてたまらなかったので、とてもうれしかったです。

お父さんやお母さんの職場を見ることができて、とても良かった

TBSの「いっぷく!」でも紹介されネットでも話題に

子ども参観日、素敵だなあ。私も小さい頃、母のパートについていくことあったけど、親の働いてる姿を見るって貴重なことだったと思う。もっといろんな企業が取り入れるといいなあ。

親の職場での働きを見る「子ども参観」なんてものに参加したら、私なんかは、親すごい→自分は働きたくないなとなりそう。

親が実際に働いている姿を見学、体験する“子ども参観”を取り入れる企業が増えているとのこと。@いっぷく。私は日曜に父の会社に連れていってもらって休みのオフィスを見ただけだけど、ここで働いてると感じた覚えがある。

1 2





miha5さん

このまとめに参加する