1. まとめトップ

東田直樹(ひがしだ なおき)さん!会話のできない重度の自閉症「生きる」ことの本質まとめ

会話のできない重度の自閉症「東田 直樹(ひがしだ なおき)」さんの「生きる」ことの本質について、まとめ

更新日: 2014年12月03日

16 お気に入り 42974 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

itokin333さん

東田 直樹(ひがしだ なおき)とは

自閉症と向き合う。宮本亜門&東田直樹くん対談

宮本 亜門は、日本の演出家。 東京・銀座生まれ。血液型はO型。ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。 株式会社ホリプロ スポーツ文化部所属。

東田 直樹(ひがしだ なおき)さんの言葉:本の一説

東田直樹が13歳のときに書いた著書
「自閉症の僕が跳びはねる理由 会話のできない中学生がつづる内なる心」
2007/2/28出版の一説より

【出版の一説より】

僕たちは、自分の体さえ自分の思い通りにならなくて、じっとしていることも、
言われた通りに動くこともできず、まるで不良品のロボットを運転しているようなものです。

いつもみんなにしかられ、その上弁解もできないなんて、
僕は世の中の全ての人に見捨てられたような気持ちでした。

僕たちを見かけだけで判断しないで下さい。

どうして話せないのかは分かりませんが、僕たちは話さないのではなく、
話せなくて困っているのです。自分の力だけではどうしようもないのです。

自分が何のために生まれたのか、話せない僕はずっと考えていました。

僕は筆談という方法から始めて、
現在は、文字盤やパソコンによるコミュニケーション方法を使って、
自分の思いを人に伝えられるようになりました。

自分の気持ちを相手に伝えられるということは、
自分が人としてこの世界に存在していると自覚できることなのです。

話せないということはどういうことなのかということを、自分に置き換えて考えて欲しいのです。

「自閉症の僕が跳びはねる理由 会話のできない中学生がつづる内なる心」一説より

東田 直樹(ひがしだ なおき)のNHK出演:君が僕の息子について教えてくれたこと

東田 直樹(ひがしだ なおき)さんの本を訳したデイヴィッド・ミッチェル氏(アイルランド在住の作家)

イングランドのサウスポートに生まれ、マルヴァーンで育った。ケント大学に通い、イギリス文学やアメリカ文学を学び、比較文学で修士号を取得した。
【主な執筆作品】
Ghostwritten (1999)
ナンバー9ドリーム number9dream (2001) 高吉一郎:訳 新潮クレスト・ブックス
クラウド・アトラス Cloud Atlas (2004) 中川千帆:訳 河出書房新社
Black Swan Green (2006)
ヤコブ・デ・ゾートの千の秋 The Thousand Autumns of Jacob de Zoet (2010)

それは偶然ではない―
過去~現在~未来―時代と場所を越え、すべての人生はつながっている―
『マトリックス』から10年―再び映画史を塗り替えるため集まった
豪華スタッフ&キャストで贈る、壮大なエモーショナル・エンターテインメント超大作

映画史を再び塗り替えるため、
『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟監督×『ラン・ローラ・ラン』
トム・ティクヴァ監督、 異例の3大監督によって、
デヴィッド・ミッチェル著作のベストセラー小説に基づき映画化。

東田 直樹(ひがしだ なおき)についての話題

写真の自閉症作家 東田直樹くん、お母様の美紀さんがアイエスエフネットさんでやってくれる講演会情報をFacebookやブログに書きました!アイエスエフネット渡邊社長のお話も聴いて頂きたいし、みなさん、この機会に是非!! pic.twitter.com/kz4IXzepXp

【新刊情報:『ありがとうは僕の耳にこだまする』東田直樹/角川学芸出版】 pic.twitter.com/nXi1vqSRy7

NHKの番組で大反響の東田直樹さんの本『風になる』も、190号とともに発売中。もちろん佐野代表の本もございます。お越しの際は、是非ビッグイシューの販売コーナーにお立ち寄りください! pic.twitter.com/a8VQXAZiLQ

「THE BIG ISSUE」にて「自閉症の僕が生きていく風景」を連載中の、作家・東田直樹さん。路上かwebのみで販売中の『風になるー自閉症の僕が生きていく風景』をフェアにて特別に販売しております。ご高覧下さい(写真左は東田さん新刊) pic.twitter.com/GD2TnFzSPr

東田直樹さんのドキュメンタリー感動した。なんてまっすぐで美しい言葉。

NHKで東田直樹さんの「君が僕の息子について教えてくれたこと」という番組があったのを何気無くCHを変えていて、気がついた。途中からだったけど、 見られてよかった。最初から見たかったなぁ。 ほんとに感受性の豊かな人だと思う。

かあちゃんと孤独のグルメの録画を見た後、NHKのドキュメンタリー番組を見た。かあちゃんの勤め先学んでしている子供達の事を少し理解できたし、かあちゃんのお仕事の事を理解しようと思うきっかけを作ってくれました。東田直樹さんの言葉のひとつひとつがとても響きました。

人生の成功とはなんだろう?ーー 成功からほど遠いように見える人の瞳にもきっと美しい山が見えているはずです。 自由の女神を見たとき、自分もこのように空に向かって真っ直ぐに生きて行きたいと思いました。 ー東田直樹 #君が僕の息子について教えてくれたこと

「子どもが望んでいることは、 自分を受け止めてくれる場所と 親の笑顔です。」 重度の自閉症者である東田直樹さん(22)の講演より。 これって、自閉症のお子さんにだけでなく、みんなに言えることだよね。。

【東田直樹さん新刊発売!】NHKドキュメンタリー放送後、お問い合わせをたくさんいただいている、東田直樹さんの新刊が本日入荷しました。『跳びはねる思考』(東田直樹/イーストプレス)。NHK番組の再再放送は9月13日(土)です! pic.twitter.com/zXe6upPYEj

昨日、NHKの「跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えているこ」東田直樹という本がアイルランドの作家に翻訳されて世界的なベストセラーになったというドキュメンタリをみたのだが、嬉しい時とか不安な時にぴょんぴょん飛び上がるのを見て、これは生命の跳躍かもしれないと思った。

1 2