1. まとめトップ

ついに【ドラマ】化!!奇才!!【森博嗣】の代表作【すべてがFになる】がドラマに!!

ついに【すべてがFになる】がドラマになります!!奇才【森博嗣】の作品としては初めてのテレビドラマ化!!今までにゲーム、漫画、ラジオドラマ、アニメ化はされてきた作品はあるもののテレビドラマは今回が初めて!!10月放送予定となっております。

更新日: 2014年08月28日

60 お気に入り 35378 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

47xxさん

森博嗣とは?

日本の小説家、工学博士。元名古屋大学助教授。ローマ字表記はMORI Hiroshi。妻はイラストレータのささきすばる。
1995年の夏休みに処女作『冷たい密室と博士たち』を約一週間で執筆。原稿募集が始まったメフィストに投稿し、編集部から次作の要望を受ける。第4作『すべてがFになる』の完成後、メフィスト編集部がメフィスト賞の誕生を発表。

すべてがFになるとは?

推理小説家森博嗣のミステリー小説。第1回メフィスト賞(1996年)受賞作。S&Mシリーズの第1巻。
当初は『すべてがFになる日』として執筆されたが、編集部の意見により最終的にこの印象的なタイトルに決定した。

その作品がついにドラマになる!!

女優の武井咲と俳優の綾野剛のダブル主演!!
真賀田四季役はまだ未発表である・・

武井咲が演じる役は世間知らずだが驚異的な計算能力を持つ理系女子・西之園萌絵となる!!

綾野剛が演じる役は少し変わり者だが天才的な分析力と考察力を持つ工学部建築学科の准教授・犀川創平

このコンビが猟奇的密室殺人に挑むさまを描く。
「冷たい密室と博士たち」を皮切りに一連のシリーズをそれぞれ2話完結の形でドラマ化する。

2014年10月より毎週火曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系列の「火曜21時枠」で放送予定。

何がおもしろいのか?

森博嗣の作品で特出すべきなのは何といっても犯人を逮捕までしないということである。
この主人公はどちらも警察関係者ではなく、さらに学者といった観点からあくまでも『この人が犯人である可能性が一番高い』このことを警察に伝え、警察が逮捕に持ち込むといった流れなのだ。

さらに犯人がいない事件もある。ネタバレとなってしまうので最後まで詳しく説明することはできないがおそらくドラマになっている作品の中にもあるのではないか・・

ゲーム化もされている

2002年3月28日にKIDより発売されたプレイステーション用アドベンチャーゲーム。小説には出てこないキャラクターを主人公に据えており、画面には一切登場させない。キャラクター原画は篁龍士。

漫画化されている内容

森博嗣の作品について詳しくはこちら

1