1. まとめトップ

【名古屋走り】【松本走り】…危ないローカルルールが存在する!

道路交通法は全国共通のルールだけれども、「あの町の運転マナーは......」という話はよく耳にする。有名なのは「名古屋走り」「松本ルール」「山梨ルール」「伊予の早曲がり」「播磨道交法」。各地域の危険運転を皮肉った呼び名で、車を運転する人なら誰もが一度は聞いたことがあるだろう。

更新日: 2016年06月22日

3 お気に入り 74415 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shin7717さん

「黄色まだまだ赤勝負・・・」名古屋走り

出典ceron.jp

歩行者よりも車が優先されがちな愛知県名古屋市。幹線道路が広く、信号待ち時間が長い。そのため信号無視や速度超過、車線またぎといった横柄な運転が見られる。車線変更の際のウィンカーを出すのが遅かったり(あるいは出さない)、右折待ちしている車の後続がしかける「右折フェイント」「右折中の追い越し」といった行為もしばしば目撃される。

交通信号の切り替わり前後に交差点へ進入する、いわゆる信号残りと呼ばれる事象において、黄信号にあってはためらいなく進入し、赤信号に変わっても状況判断によっては進入することが見られ、名古屋走りの典型例とされている。これを「黄色まだまだ、赤勝負」と形容することもある。

最悪次の休みに隣の県まで行けばいいか… 名古屋走りこええから電車で行きますね…

初の路上楽しかった 名古屋走り目の当たりにしてビビった(^^;; それにしても後ろに走ってた車の方々には速度遅くてご迷惑をおかけしました(∵`)

名古屋人が他県で免許を取ろうとすると運転の荒さで「君、名古屋出身だよね?」と確認されるくらい、名古屋走りは遺伝子レベルで植え付けられてる。

右折信号の際に左折をしたり、前車が黄色で停止した際にそれを追い越し、さらには止まった車両を罵ることが見られる

右折フェイント

右折車線または右折車両の待機してる車線から追い越しかけ、信号前後で直進できる車線に割り込む

右折中の追い越し

先頭右折車が右折待ちである場面で、後続右折車が追い越しをかける

「交差点での強引な右折禁止!」松本走り

城下町特有の道路事情から生まれたとされるのが松本ルール。片側1車線の道が多く、右折レーンの交差点が少ない長野県松本市では、信号が青になるのと同時に右折するドライバーが絶えない。道路交通法上はもちろん直進車優先だ。

対向の直進車が交差点に接近しているにもかかわらず右折を行う

対向車が左折するスキを見計らって右折を行う

脇道から右折する際、右折する道路における左側車線の走行車の流れをせきとめる形で右折待ちをする

名古屋走りとか松本走りとか煽っちゃいけない車とか学ばせるべき。実際は初心者なんかに優しくない世界よ。

右折優先の暗黙ルール。それが松本ナンバー、松本走り。Wikipediaにて

「急発進しても実は・・・早くない?」伊予の早曲がり

交通違反のひとつで、交差点を右折する際に急発進を行い対向の直進車よりも早く右折する行為を指す俗称

右直事故の典型的原因にもなっている。

交差点を右折する際、対向車よりも早く内回り右折すること。 愛媛県に多い違反とされるため、この俗称がついた。

しかも曲がるタイミングが誰でもとろい。一時停止という言葉を知らない。しかも時々ぶつかる、ぶつけても悪びれない。車間距離開けすぎというか運転へたくそ。

この間四国の運転マナーについて話した結果 徳島 慣れてるからなのか、細い道に結構な速度で突っ込む、深夜の徳島市内には時折轢き殺す勢いの車両出現 香川 轢き殺す勢いの車が常に出現、ケンカ腰感ある 愛媛 伊予の早曲がりがまだまだあるレベル 高知 レーサーレプリカとSSガチ勢が多数出現

愛媛だと右折車の早曲がりは日常茶飯事です(泣) 通称、伊予の早曲がり

伊予の早曲がりは絶対許さん。 しようとしたら遠慮なく突っ込んでいって相手の困った&イライラ顔を見るのが好き。

.考え方が独特で『お互い様じゃけ』と良く聞きます。他の地域では「お互い様だからこちらが譲ろう」ですが、ここでは、「お互い様だから、こっちに譲ってくれ」なのです。

「事故を減らすための信号が逆効果」山梨ルール

右折車が先に曲がったり、片側一車線道路で対向車線から追い越すという無謀運転に、移住当初は驚きました。

路上ある信号のうち、赤が点灯していても、その下にある青い矢印が点灯していた場合にはその方向に進める」というのは、教習所でも教えてくれる基本的なルールだろう。しかし、その基本が山梨県では通じないため、事故が続発しているという。

1 2