1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

エイリアンのような深海魚「ブラックドラゴンフィッシュ」が捕獲される!

カリブ海でエイリアンのような深海生物が捕らえられ話題となっている。この正体である「ミツマタヤリウオ」について画像と動画と共にまとめてみました。

更新日: 2014年08月29日

rainshineさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
105 お気に入り 190264 view
お気に入り追加

カリブ海で謎の生物が捕獲された...。

海から引き上げられた謎の生物。黒くツルツルした体、そして鋭い歯の生えた大きい口など、その姿がまるで映画『エイリアン』に登場する地球外生命体のようだとして話題を呼んでいる。

出典imgur.com

どう見てもエイリアン

海外投稿掲示板Redditに投稿されていたのは全身ブラック、でもほんのりほっぺたがピンク色の謎の深海魚である。発掘された場所は不明だが、マッコウクジラが潜水していた場所で発見したという。

カリブ海に浮かぶグレートアバコ島の南海上で、研究のためにマッコウクジラの潜水を観察していた。その際、付近の海面を漂っていたのが、この謎の生物であるという。すくい上げた時、すでに死んでいたようだ。

こいつの正体は...?

ミツマタヤリウオ(和名)は、ワニトカゲギス目ミツマタヤリウオ科に属する魚類。

英名:Pacific Blackdragonfish

体は著しく細長くへび状。うろこはなく皮膚は黒い。背びれと尻びれの軟条部の基部の短いトゲが並ぶ。オスとメスの違いが著しく、オスはヒゲと腹びれがなく、メスの体長の1/6にしかならない。

北太平洋の温帯域に広く分布し、水深400~800m付近の中層に生息しています。

特徴的なこのヒゲ

メスにはアゴの部分にヒゲ(触鬚)があり、先端がチョウチンアンコウのように発光します。またヒゲだけでなく目の後ろと体にも発光器官があります。

細長く真っ黒な体をしていて、あごの下に発光器がついたヒゲがあり、獲物をおびき寄せます。
腹の下にも発光器が並びます。

雄だけが持つ大きな発光器の光を「求愛」に使い、生殖にすべてを捧げると考えられています。

鋭い歯

鋭い歯は内側に倒すことができ一度捕まえた獲物は絶対逃さないという執念が感じられます。

稚魚の頃から地球外生物的な姿をしている

前に二つ突出しているのは目!
和名ミツマタヤリウオの名前はこの姿に由来しているという。

幼魚は体色が乳白色だが、目の部分が著しく飛び出しており、まるで目から糸が伸びて、体に繋がっているような姿をしており、それは体長の半分ほどにもなる位長大になっている。

目は少しずつコイル状に巻かされてゆき、最後には顔に完全に付着して、成体時にはその部分の痕跡が消え、幼魚時の面影が無くなるほどになる。

また、腹部から細い糸状に消化器官が伸びているが、これも成長と共に体内へと引き込まれて、完全に体内に収納される。

オスの悲しき運命

オスはメスの体長の1/6にしかならない。

オスにはそのヒゲはなく、メスよりも小さな体をしており、消化器官は退化、精巣は大きく発達しており、一回の繁殖で生涯を終えるといわれています。

オスは発光器官が少ないだけでなく、歯や胃もありません。当然食物を摂ることは出来ず、雌との交尾、つまり子孫を残すためだけに生まれてきます。寿命も数週間から長くても数ヶ月と悲惨極まりないです。

日本にいるのか?

1 2





動物、自然、音楽、雑学、海外ゴシップ、海外ニュースなど
世界のすごい事、びっくり仰天な事、どうでもいいけどちょっとためになる事などをまとめてます。