1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

fia08230さん

バルチスタンコミミトビネズミとは?

パキスタン南西部を中心に生息する極小サイズのネズミ
英明は「バルチスタンピグミージェルボア」

体の大きさは500円硬貨程度しかなく、哺乳類の中では最も小さい生き物の一つとされています。体より長さが数倍ある尻尾が特徴

体の大きさについて

エサについて

種子や草木類を食べているといわれています。動物園では、ひまわりの種や小鳥用のタネ類、小松菜、リンゴ、乾草などをあたえています。

特徴について

高地でほとんど雨の降らない環境の厳しい砂漠地帯に生息します。

体長の2倍ちかい尾とブラシのような毛が生えた長い脚をもちます。

くわしい生態はわかっていませんが、夜行性で砂地に穴を掘りもぐり込んで生活します。

冬眠はしないとされており、冬場は体の代謝を落として乗りきっているようです。

前足は短く、エサ等を食べる際に利用。
後ろ足で飛びながら移動するようです。
また、長い尻尾を立たせることでバランスを保ち
仲間に合図を知らせることもできるようです。

生で見てみたい場合は・・・?

上野動物園で見られるようです

可愛い画像集

1