1. まとめトップ

【懐かしい】元グラビアアイドルたちの全盛期

今では女優やタレント、結婚され引退など、いろんな道を進まれていますが、彼女たちも「グラビアアイドル」がルーツだったんです。

更新日: 2019年12月14日

5 お気に入り 212578 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomsan2106さん

2001年(平成13年)にプロゴルファー・横尾要と結婚を機に、事実上芸能界引退となった。2003年(平成15年)には長女を出産。その後も、かとうは芸能界への復帰は一切表明せずに主婦業に専念。

2012年(平成24年)6月27日、1番ソングSHOWに出演し11年ぶりのメディア出演を果たした。また、サンズエンタテインメントにも復帰した。

2007年11月に入籍。同年12月に第1子となる男児を出産。
2009年12月、一部スポーツ新聞に離婚した事が掲載された。同月、38歳にしてヘアヌード写真集『Fumming』を発売した。

2014年3月、TBS系列『サンデージャポン』にて、7年ぶりにテレビ出演した。

1988年、深夜番組『11PM』のカバーガールで芸能界デビュー。

前屈姿勢で、胸を強調する「雛ポーズ」で一世を風靡した。

現在は女優・タレントとして活躍中。

1991年、桜っ子クラブさくら組の一員でアイドルとしてデビューする。

1991年にデビュー後には巨乳タレントブームの中におり、乳房に1億円の保険をかけたことで話題となった。

山形県出身 1996年、フジテレビビジュアルクイーンに選ばれる。2000年、グラビア卒業を発表し音楽活動へ転向した。

出典ameblo.jp

1996年デビュー。同年、第1回 ミスヤングマガジングランプリを受賞、フジテレビビジュアルクイーンオブザイヤーに選出され、グラビアアイドルとして活動。

出典ameblo.jp

ショートカットの整った顔立ちと、アンバランスな豊かなDカップのバストでグラビアを中心に活躍。1999年以降はドラマやバラエティ番組、スポーツ番組、教育番組など幅広いジャンルで活動した。
祖父がフランス人である。

1999年、『東洋紡水着サマーキャンペーンガール』として本格的に芸能界デビュー。翌年には 『アサヒビールイメージガール』に選出され、グラビアアイドルとして雑誌などにも多く登場するようになり、飯島直子に始まった、いわゆる「癒し系アイドル」ブームの後継者としても人気を得た。

1995年、ユニチカ水着キャンペーンモデルに起用され、グラビアアイドルとして本格的に活動を始める。

デビュー当初は、ホリプロ初のグラビアアイドルとして話題となった。デビューから各種雑誌の表紙などを席巻し、グラビアクイーンとして人気者になる。

1997年にフジテレビビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤーに選出。

甲高いアイドル声と可愛さを前面に出す、というアイドル路線が一般的であった当時において、グラビア活動主体の新人タレントとしては、体型以外で飛び抜けたセールスポイントはなかった。しかしながら、よく通る声と、「おっさんトーク」とまで揶揄された核心に触れるトークで人気を博した。

1 2