1. まとめトップ

森永のアイスのパキシエルのチョコに惚れた!

森永のチョコアイスバーのパキシエル。存在に美味いと秘かに人気になっていた。近くのスーパーマーケットのアイスコーナーにない場合もあるらしい。#パキシェルではなくパキシエルが正しい!

更新日: 2020年04月03日

5 お気に入り 60423 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kaizinさん

超厚チョコ製法!とは

森永製菓が独自に開発した、分厚いチョコでアイスを包む製法です。
まるで、パキッとした冷たい板チョコを食べているような、独特の
食感と満足感を味わえます!

外側はちょっと苦めな感じで、分厚く食べるとパキパキと良い音が!
しかも分厚いので、食べた時の食感がいいですね~

そして内側のアイスクリームもチョコで、柔らかめで
外側のチョコと組み合って美味しい♪
ちょっとビターが聞いているような感じのチョコアイスクリームなので
お好きな方は是非是非食べてみてください( ̄ー ̄)

とにかく、パッキパキバーリバリの食感!楽しい噛み応え。それがこのアイスの全てかと思います。かなりの分厚いチョココーティングてすが、チョコレートのコク風味は薄く、思っていたよりもアッサリとした味です。中のチョコアイスも合わせてサッパリ寄りに感じました。

今夜は涼しいなぁ。今年の夏は、パキシェルとブラックバーにアイスにハマったなぁ(*^_^*)

もう今日は疲れすぎてるのにご飯もない。なにもない。パキシェルしかない。

スーパーで、パキシェルという名前のアイスを見つけました。鬱の薬のような名前ですね

うん、パキシェルってやつ超上手い。 くそはまってもおた毎日食うてる。 それにしても今日も亜美と実緒てんそんあっげあげやな♪

カレーつくっか。サラダとイチジクラッシーも。食後に、フォロワさんがハマってた、パキシェルっていうアイス。

久しぶりにきたスーパーのアイスコーナーにパキシェルがなくて存外ショックを受けてる

注意点!

唯一の欠点は、非常に柔いこと
コーティングしているチョコは大変固くて良いのですが、中のチョコが凄い溶けるのが早く、アイスの根元はコーティングがされていないため、すぐにボトボト落ちてきます
これによって私の下着は見事にシミがついてしまいました
全体をコーティングしてくれれば最高のアイスなのですが、そこだけは残念ですね

原材料に含まれるアレルギー物質(25品目中)
乳・ピーナッツ・大豆

出典パキシエルのパッケージより

成分他

種類別 ラクトアイス
無脂乳固形分 5.0%
植物性脂肪分 5.5%
原材料名:チョコレートコーチング、砂糖、乳製品、植物油(ピーナッツを含む)、ココアパウダー、異性化液糖、デキストリン、乳化剤(大豆由来)、安定剤(増粘多糖類)、香料
内容量:40mlx7本

出典パキシエルのパッケージより

ラクトアイスとは

ラクトアイス……は、牛乳由来の成分ではないミルク成分を用いています。牛乳じゃないミルク、そう、コーヒーフレッシュでおなじみの「植物性ミルク」です。

植物性ミルクってのはよくよく考えれば不思議なモノで、ミルクの出てくる植物なんて存在しませんね。詳しくは追って今後取り上げますが、原材料はパーム油と呼ばれるヤシ由来の油で、植物油の中でも30度以下では固まってしまう硬い油です。それを水と混ざる成分に加工することで、植物性ミルクを生成します。

この植物性ミルクが大半で乳脂肪分はたったの3~10%以下のモノが、ラクトアイスとして売られているわけです。製法もアイスクリームとは全くの別物。卵も使わなければ、凍らせてかき混ぜるという行程すら必要有りません。そんな馬鹿な……と信じられないあなた、是非自分で試してみましょう。

1