1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

知らなかった!「キャンディキャンディ」に続編があった【ネタバレ】

懐かしの漫画「キャンディ・キャンディ」。原作では、主人公・キャンディが「丘の上の王子様」と再会した所で完結していますが、実は後日談として小説版が発売されいるんです。

更新日: 2019年02月24日

37 お気に入り 569580 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▽70年代、絶大な人気を誇った「キャンディ・キャンディ」

1977年(昭和52年)度、第1回講談社漫画賞少女部門受賞。

1978年に実施された毎日新聞社による全国学校読書調査の人気漫画の部で、小学生で1位、中学生で2位、高校生では5位にランクインした。

▽「キャンディ・キャンディ」ってどんな話?

20世紀はじめのアメリカ合衆国とイギリス王国を舞台に、孤児の少女であるキャンディ(キャンディス・ホワイト)が、その出自に対する周囲からの偏見に負けず、人々の愛情を受けて成長する過程を描く。

当時主流だった学園マンガではなく、外国文学のような長く読み継がれる大型の少女名作マンガというコンセプト

全9巻ですが、とても奥が深い作品です。

▽原作者と作画者の著作権を巡る争いでも話題になりました

原作者・水木杏子と作画者・いがらしゆみこの間で生じた、本作の著作権帰属を巡る争い。
当初、いがらし側が契約違反でキャラクターの無断使用したことに対し争う裁判であったが、いがらし側が「水木の著作権そのものは存在しない」と主張したため、本裁判は水木の著作権の確認が争点となった。

▽原作漫画は全9巻ですが、後日談として小説版が発表されています

作者 名木田 恵子さんとありますが、こちらは漫画版原作者 水木杏子さんと同一人物です。

原作者・名木田恵子(水木杏子)が大人のために書き下ろした 真実の『キャンディ・キャンディ』愛の物語 ーーー

<ネタバレ注意!>

▽気になる小説版の内容は?

原作、アニメの後日談の物語。キャンディやテリィなどのレギュラーの他、キャンディが旅先で出会った人物たちの後日談や裏話などが明かされる

1979年に発売され、1990年に新書版として再版された。
2010年には物語のその後を描いた『小説キャンディ・キャンディ FINALSTORY』が祥伝社より刊行されている。

大人になったキャンディが昔をなつかしく振り返るとともに、今のキャンディの生活が我々読者にも少し垣間見られるようになっています。

▽主人公キャンディは?

大人になったキャンディが”あの人”と暮らしていて、過去を回想するって話。

キャンディが今誰と一緒に生活(=結婚?)している

作中では「あの人」と描写されていました。しかし、肝心の相手のお名前は現れず。作者の名木田さんも後書きで「はじめから曖昧にしようと決めていました」とありました。

・キャンディと暮らしている「あの人」とは誰か? 皆さん気になるようで沢山の考察サイトがありました。

▽フラニー(戦地に赴いた看護学校の同僚)は?

小説版の後日談では無事に帰還、表彰されている。

フラニーが従軍看護婦として表彰されたことを喜んだキャンディが、彼女に手紙を書いています。

1 2