1. まとめトップ

【Zの続編】ドラゴンボールGTに登場した味方・敵キャラを大公開!!

アニメオリジナルのドラゴンボールGTに登場したキャラを画像付きで紹介します。徐々に更新していく予定です。

更新日: 2015年09月21日

9 お気に入り 545527 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

v6000さん

アニメ『ドラゴンボールZ』の最終話から5年後の世界が舞台となるアニメオリジナルの作品。『ドラゴンボール』『ドラゴンボールZ』と続く『ドラゴンボール』アニメシリーズの続編。

ピラフが使った究極のドラゴンボールによって子供の姿にされた。
瞬間移動が使えなくなっている。
ちなみにパンより背が低くなっている笑

惑星イメッガで出会ったロボット。
食べたメカの性能を自分のものにすることができる。
製造番号はDD4649T2006RS

GTの初期のベジータは髭をはやし、髪型も変わってます。
しかし、娘のブラに似合わないと言われ、すぐに剃ることになります笑

パンと仲良くデートしており、
パンを「可愛いし、優しいし、お淑やかだし」
と評していたが、常人離れした力で銀行強盗を退治するパンを見て逃げ出してしまう。

・シーラ
ドン・キアーの配下で女性。ゲールとコンビを組み、ドン・キアーの命令で悟空たちを捕らえようとする。

・ゲール
ドン・キアーの配下。髭面で体格は小さくガッシリしている。

惑星イメッガの王で、お金が大好きで、どケチな性格。

結局は他力本願な性格から誰からも受け入れてもらえず
蹴りとと同時に下衆野郎と蔑まれた。

ドン・キアーの用心棒で、
トランクスを一撃で吹き飛ばすほどの実力の持ち主。

通常状態の悟空と互角以上に戦うもののスーパーサイヤ人になった悟空にあっさりと負けてしまう。

惑星ケルボで村人を困らせていた巨大ナマズ。
ひげを震わせることで地震を起こせると村人を脅していたが、
悟空たちに懲らしめられて、地震を予知できるが、地震を起こすことはできない。
ことを白状し、いまでは村人に地震を知らせるとともに、村人の仕事の手伝いもしている。

出典ameblo.jp

ムッチー・モッチーの部下。

3人でダンスし、相手を強制的に躍らせ、
疲れさせてダメージを与える戦法を得意とする。

また、マイクを使ってのテレパシーも使える。
3人共通の口癖は「〜パラ」。

パラパラブラザーズのリーダー。
大柄の体型が特徴。

パラパラブラザーズの一員。
細身の体型が特徴。

同じくパラパラブラザーズの一員。
小柄の体型が特徴。

惑星ルードのルード教神官。鞭を武器にする人間に見えるが、実際はムチ(ムッチー)が人間(モッチー)を従えている。

ムチ形態から戦闘形態に変化することができる。

両腕のムチで無生物を操ることができる。また、両腕によるエネルギー吸収能力を持つ。

惑星ルードを拠点とし、ドラゴンボールを集めさせていたドクターミューの部下。
人形オタクで人形にされたパンを重宝する。

破壊神ルードを倒され、悟空たちから逃げ出すがリルド将軍に殺された。

出典ameblo.jp

ベビーのエネルギー集めのために製造されたマシンミュータント。
あらゆる人間のエネルギーを動力源として動き、目からの光線で人間を意識のあるまま人形に変え、魂を体内に取り込んでいた。

ドクターミューの部下。
マシン惑星M2を支配している。
強さは悟空いわくブウ以上。

リルド将軍がメガキャノンシグマを吸収した姿。

惑星M2と合体した姿。
あらゆる金属を操る。

マシンミュータントを造り出した天才科学者。
ベビーを完成させるためリルド将軍たちに宇宙各地からエネルギーを集めさせていた。
しかし本当はドクターミュー自身もベビーによって造られたマシンミュータントであった。
最後はベビーに不要と言われ殺された。

寄生型生物。
サイヤ人に滅ぼされたツフル人の細胞でできている。

ベビーがベジータに寄生した姿。

悟飯やトランクスたちのサイヤパワーを取り込み変身した姿。

地球人の気も取り込んだ姿。
全宇宙ツフル化計画を企む。
リベンジデスボールを使う。

ブルーツ波増幅装置で変身。
スーパーギャリック砲を使う。

悟空が黄金大猿に変身後、理性を取り戻し
超サイヤ人4になった。
一人称が「オレ」になる。
十倍かめはめ波を使う。

1 2