1. まとめトップ

【在来線最速 京成スカイライナー】幻の成田新幹線

北陸新幹線の長野~金沢間が2015年3月14日に開業することに伴い、京成電鉄の成田空港連絡特急「スカイライナー」が単独で日本一になります。実はこの「スカイライナー」には幻の新幹線計画との関係も。

更新日: 2017年09月18日

Mark818さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 42863 view
お気に入り追加

在来線最速は京成「スカイライナー」とJR・北越急行の特急「はくたか」。共に最高160km/h。

「スカイライナー」の運転区間は京成上野~成田空港間の64.1km。両駅間を最短43分で結びます。山手線などと接続する日暮里駅と空港第2ビル駅の間なら、所要時間は最短36分です。160km/h運転はそのうち、印旛日本医大~空港第2ビル間の18.1kmで行われます。

2014年8月現在、在来線で最速の列車は京成「スカイライナー」と、JR・北越急行の特急「はくたか」。共に最高160km/hで走ります。「はくたか」は越後湯沢~金沢間などを走る特急列車で、越後湯沢駅で上越新幹線と接続。東京と北陸地方を結ぶ役目があります。

「はくたか」は上越新幹線に越後湯沢で接続し、北陸方面と首都圏を結ぶ在来線特急。北越急行線内で在来線特急としてスカイライナーと共に国内最高の、時速160キロ運転を行う。

北陸新幹線の金沢開業に伴い、「はくたか」は廃止。来年3月から単独で「スカイライナー」が「在来線で日本一速い列車」になるのです。

京成「スカイライナー」は新幹線と縁がある列車

新幹線開業により、単独で在来線最速となる京成「スカイライナー」。実は新幹線と縁がある列車だったりします。

「スカイライナー」の経路になっている北総線に乗ると、千葉ニュータウン中央~印旛日本医大付近で、線路と並行し空き地が続きます。この空き地、実は「成田新幹線」が通る予定でした。

幻の成田新幹線と深~い関係

東京駅から東京湾岸に出て地下鉄東西線に並走、そのまま一直線に千葉ニュータウンを経由し、成田空港まで最短30分。当初6両編成で一日30往復以上の運行を計画していました。

ちなみに、1990(平成2)年に開業したJR京葉線の東京駅は、成田新幹線の東京駅が計画されていた場所にあります。

この場所は成田市土屋付近です、イオン成田ショッピングセンターの裏手に成田新幹線の遺跡が有ります。
画像の右手が成田空港、左が成田駅です。成田高架橋のみの画像の上の段は現在も使われていません。近い将来に北総鉄道の印旛日本医大駅から延伸してくる予定です。下の段の奥はJR東日本が使用しています。

成田新幹線用の駅を京成、JR東がニ分割して転用しています。

出典:ひまねね'sぶろぐ
http://himanene.blog.so-net.ne.jp/2013-02-25

関連情報

1 2





Mark818さん

気になることをまとめまくりたい。