齊藤和真が沢尻エリカの心的葛藤に目を向け、齊藤和真自身も心的葛藤を告白する。
やはり「ツインソウル」が出逢うには、「自」とは「何か?」を深く、深く思考し、「答え」・・・【「あるがまま」に「自」を受け入れて、「あるがまま」の「自」で居続けることが、何よりも大切。】という「真理」に辿り着いた人間が「真実の愛」へと至る。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

シンクロニシティの証明(齊藤和真と沢尻エリカの人生がシンクロする)

シンクロニシティとは「意味のある偶然の一致」のことで、日本語訳では「共時性」とも言う。非因果的な複数の事象(出来事)の生起を決定する法則原理として、従来知られていた「因果性」とは異なる原理として、カール・ユングによって提唱された概念である。 wikipediaより引用。

このまとめを見る