1. まとめトップ

5分でわかる!Windows 10【新機能 価格 threshold2 発売日 Windows10

Windows 10(ウィンドウズ10)の無償アップデートの提供が7月29日にスタート。スタートボタン(スタートメニュー)の復活などが話題。Tech Preview 版(評価版)は既に公開。価格(値段)は?新機能は?発売日は?Windows10のメリット・デメリットは?Windows 7・8との違い

更新日: 2016年08月14日

302 お気に入り 2227262 view
お気に入り追加

Google ChromeやFirefox のような「拡張機能」の追加に対応するのは2016年10月ごろとみられています。

拡張機能を利用すれば、右クリックでGoogle検索もできるようになるかもしれません。

Google Chromeの拡張機能をそのまま利用できるようになるという情報もあります。

⑤スタートメニューの改善

これまでWindows 10のスタートメニューの
すべてのアプリは、アプリが「アルファベット」→「かな」→「漢字」の順にまとめられており、漢字表記のアプリは読みにかかわらずすべて「漢字」に分類されていました。
今回のnアップデートでは、少なくとも標準アプリについては、漢字表記のものも読みごとにまとめられるようになりました。

⑥Skype アプリの復活

Windows 10ではデスクトップ版のSkypeしか用意されておらず、デスクトップアプリ版のインストールを促すアプリがインストールされていました。

今回のアップデートでは、Skype関連のWindowsアプリとして、「メッセージング」、「Skypeビデオ」、「電話」の3つのアプリが登場しました。

アプリから「Skype」の名前が消え、機能を分割しているのは、Skypeアカウントだけでなく、携帯電話番号へ通話やメッセージ送信が可能であるためとみられます。

Skypeアカウントと携帯電話の番号へメッセージを送信することが可能です。

Skypeアカウントと携帯電話への音声通話が可能。
(携帯電話へ電話を掛けるには、別途契約が必要とみられます)。

Skypeアカウントへビデオ通話を行うアプリ

■PC、モバイル関係なく1つの「Windows 10」に

Windows 10の最大の特徴は、スマホからパソコン、
さらに画面を持たない IOT (Internet of Things) など、いろいろな種類のデバイスに幅広く対応する OS であること。

これまで Windows はデバイスの主に画面サイズで
OS が分かれ、アプリの互換性もあまりありませんでした。

例えば、PC には「Windows」、タブレットには
「Windows RT」、スマートフォンには「Windows Phone」が搭載されていました。

また、動作するアプリの種類もそれぞれ異なっています。

Windows 10」ではすべてのデバイスのOSが「Windows 10」という1つのコアに統合され、
「ユニバーサル Windows プラットフォームアプリ」がすべてのデバイスで、動作することになります。

ただし、同じ Windows 10 でも、
PC やタブレット、スマホは

・画面サイズが8インチ以上のデバイス…PC 向け Windows 10
・画面サイズが8インチ未満のデバイス…タブレット、スマホ向け Windows 10

という2つの種類に分かれるとされています。
後者にはデスクトップがなく、当然デスクトップアプリは動作しません。

また、Microsoft Hololens、Xbox one、IoTデバイス向けの
Windows10 も用意され、
1つのアプリが複数の種類のデバイスで動作します。

■リリース日程(発売日等)に関する情報■■■■■■■■■■

PC、タブレット向けの Windows 10 の
アップグレードは
2015年7月29日に正式リリース。

Microsoft は発売時期について
「2015年夏」と発表していましたが、
2015年6月1日に
「Windows 10をの提供を2015年7月29日に開始する」
と発表しました。

7月29日から
Windows 7、Windows 8.1 ユーザー向けの
無償アップグレードが始まりました。

【PC向け】
無償アップグレード版…………2015年7月29日(2016年7月28日で提供終了予定)
DSP版……………………………2015年8月1日
パッケージ・ダウンロード版…2015年9月4日

【モバイル端末向け】
無償アップグレード版…………2015年12月か

【その他の機器向け】
Surface Hub…………………2016年1月
Xbox One……………………2015年11月か
Microsoft Hololens…………2016年1月から3月

■価格に関する情報■■■■■■■■■■

■Windows 7と8.1からのアップグレードが無料に!

・Windows 8.1 Update
・Windows7 SP1
・Windows Phone 8.1
のユーザーは無料で「Windows 10」へアップデートできます。

無料になる期間は2016年7月まで。

これまで有料でアップデートすることが当然だった Windows に大きな変化が起こりました。

無償アップグレードはいつまで?

#Windows10 無償アップグレード よく寄せられる質問】 Q. 無償アップグレードできる期限はいつまでなの? A. 2016 年 7 月 28 日までとなります。 Q&A もぜひご参照ください→ msft.it/6019ByshU #MSHelpsJP

■「アップグレード後に使用料を取られる」はデマ

一旦 Windows 10にアップグレードすれば、
その端末が壊れるまでは無料で使用可能です。

セキュリティなどのアップデートも提供されます。
月額使用料が必要なサブスクリプション制に移行することはありません。

また、個人情報がターゲティング広告に利用されることを懸念して、
「個人情報を抜かれる」などと過剰に騒いでいらっしゃる方もいますが、
Microsoftは広告事業の大半を売却しました。

Microsoftはあなたの個人情報に何の興味もありません。
個人情報を広告に利用しているのはAndroidです。

Windows アプリ(Windows ストアアプリ)が使用できない Windows 7 から、
Windows 10 への乗り換えを促進し、Windows アプリが使用できる端末の数を
増やすことが目的とみられます。

今後は、Windows の更新料より、Windows ストアの
アプリや映画、音楽の販売で利益を確保していくようです。

言い換えれば、Windows 10のアップグレードを一部無料にして、
Windowsストアの利用者を増やすことができなければ、
Microsoftの将来はないのです。

これが、MicrosoftがWindows 10普及に必死になる理由とみられています。

1 2 3 4