出典 harinnezumiさんがアップロード

小学生の時ですでに、大会で優勝をかっさらっていた

小学1年生のときに同級生から将棋の駒の動かし方を教わり、将棋に熱中する。2年生になり地元の小中学生将棋大会に出場。その後、将棋道場に通うようになる。急速に棋力が向上し、小学3年のときに初段、4年生で四段に昇段。5年生になりアマ名人戦の都下予選を史上最年少で通過。4つの小学生大会で優勝する。

6年生の春、小学生将棋名人戦で優勝、同年、プロ棋士養成機関の奨励会入会試験に合格。

この情報が含まれているまとめはこちら

【厳選】羽生善治の名言【鬼才】

あまりにの将棋の強さから「鬼畜メガネ」と呼ばれる羽生善治さんの名言をエピソード共に厳選ご紹介。

このまとめを見る