出典 makotti.com

クダクラゲ目カツオノエボシ科 カツオノエボシ

 浮き袋の大きさは10㎝ほど、触手は数メートルに及ぶ。
 触手には刺胞があり、こいつが猛毒。刺されると激痛が走り、電気ショックに喩えて「電気クラゲ」とも呼ばれる。特に2度目以降はアナフィラキシーショックで死ぬ恐れも。

 浮き袋の調節で浮き沈みすることはできるが遊泳能力はほとんどなく、海流に乗ってやってくる。

この情報が含まれているまとめはこちら

「猛毒」で話題になった“カツオノエボシ”を食べる生物がいた!しかも無駄に美しい「青い天使」

この夏、各地の海岸に流れ着き「猛毒」「危険」と話題になった海洋生物「カツオノエボシ」。どう考えても手の施しようがないこの生物を主食にする生き物がいるから海ってすごい。

このまとめを見る