出典 shima3.blog.so-net.ne.jp

ただし、小さい。

身体の大きさは2~6㎝程度。

この小さな体で、10㎝の浮き袋+数メートルの触手を持った猛毒生物を食べる。

 アオミノウミウシがカツオノエボシを食べるところを動画で見てみよう。(下の動画の最後の方に登場)

この情報が含まれているまとめはこちら

「猛毒」で話題になった“カツオノエボシ”を食べる生物がいた!しかも無駄に美しい「青い天使」

この夏、各地の海岸に流れ着き「猛毒」「危険」と話題になった海洋生物「カツオノエボシ」。どう考えても手の施しようがないこの生物を主食にする生き物がいるから海ってすごい。

このまとめを見る