出典 www.never-world.com

ウミウシにしては珍しく、体内に空気を蓄え、この翼のようなひれで海面付近を泳ぐ。海面付近に餌がいるためである。


 ひれが脚に似ている上に、模様や尻尾の様子がトカゲっぽく見えることから、英語圏では「sea lizard」と呼ばれることも。

 Blue dragon(青いドラゴン)とかblue Angel(青い天使)とも呼ばれるらしい。やっぱりこいつ使徒かもしれん。

この情報が含まれているまとめはこちら

「猛毒」で話題になった“カツオノエボシ”を食べる生物がいた!しかも無駄に美しい「青い天使」

この夏、各地の海岸に流れ着き「猛毒」「危険」と話題になった海洋生物「カツオノエボシ」。どう考えても手の施しようがないこの生物を主食にする生き物がいるから海ってすごい。

このまとめを見る