1. まとめトップ

活動休止の原因?嵐の怪我病気/親戚も肺気胸で亡くした相葉、ハワイで苦しんだニノ

肺に穴があく病気(相葉さん)、肉離れ・リンパ管炎・坐骨神経痛(二宮さん)、ひざの故障(大野さん)、骨折(櫻井さん)などなど。嵐のメンバー五人が1999年のデビュー以降に経験した病気や怪我のまとめ。活動休止解散VS嵐しやがれ相葉雅紀二宮和也松本潤大野智櫻井翔夜会

更新日: 2020年02月22日

205 お気に入り 1126242 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

parusystemさん

相葉雅紀「実は小さい時から、体があんまり丈夫じゃなかった。お医者さんと友達になっちゃうくらい。よく病院に通ってたの、小さいころ。」

症状は、呼吸困難・胸の痛み・咳など。

佐籐健さんやナイナイの矢部さん、
BUMP OF CHICKENの藤原基央さんも
この病に倒れたことがあり、
「イケメン病」とも言われている病気。

2002年3月、肺気胸のため5日間の入院。不安な入院生活

不安な相葉の心を救ってくれたのは、メンバーだった。全員がお見舞いに来てくれたそう。特に優松潤は早く元気になってねと連絡をこまめにくれた上、相葉君が行く予定だった早朝のロケに代わりに行ってくれたらしい。大野くんは、絵を贈ってくれたとか。

そして9年後の2011年、再発。退院翌日の「VS嵐」の収録にて復帰。

退院からわずか一か月後のライブ

相葉「(コンサートに)間に合ったから言うけど、実は入院1日目、2日目にコンサートの夢見たんですよ。7月24日にライブで、入院したのが6月末。これ1カ月で動くようになるのかなぁって不安があったんだろうね。夢では4人でやってるんですよ」

しかし無事退院しライブに参戦。ファンの心配をよそに、アンコールで連続バク転を披露する相葉さん

出典ameblo.jp

番協で、ADさんから「あのお、アイバさん今日39度くらいの熱があるので....」などと説明されギョっとした人もいるのではないでしょうか。ライブでも時々そういうことがあるらしい。

イブ生まれの相葉さん。12年はMステSP生出演のあと深夜に帰宅し1人寂しく誕生日をむかえた。「そのままソファーで寝ちゃって!次の日休みだからどっか行こうと思ってたのに。熱出ちゃった」。結局外出は薬局のみ。それでも夜にはサプライズで両親がお祝いしにきてくれたというから、ある意味ピースフルな彼にふさわしい誕生日になった...のか?

だが二宮自身も、決して丈夫な方ではないのだ。ハワイライブでも様子がおかしかったらしい・・・

ニノの腰の負傷を心配し、松本が演出の変更(ジャンプアップからスライドアップ)を提案。二宮は「大丈夫」というも、心配してかけよってきた大野の「スライドにしようよ」の言葉に、「いいの?」と。結果、スライドアップの登場となった。

これは、坐骨神経痛という病気

出典toutsu.jp

原因はジュニア時代にバク転など腰に負担のかかる運動を多くしたこと。昔から腰痛もちで、ときどきコルセットをはめて収録に出ている。らしい。

出典ameblo.jp

2008年のFNS歌謡祭では杖をついて歩く場面も。

二宮だけ腰痛のためクッションを使用。
嵐にしやがれにて

あまりに腰が痛くて、自分で
かかんで靴紐を結ぶことができない

どうします?老後。

リンパ管炎

ニノがリンパ管炎を発症した時、嵐はツアーの真っ最中で場所は横浜でした。そんな時にでも、二宮和也はファンの方が楽しみにしているのだから!!と言い、頑張って病院から直行で出演したらしい。

2005年の仙台でのライブ(One summer Tour)の時、出待ちする嵐ファンに交じっていたKAT-TUNファンがナイフで二宮の足を切りつけてしまった。その人は、本当は松本の足を狙っていたようだ。が、狙いが外れたのか、はたまた二宮が松本を庇ったのかは分からないが、怪我をしたのは二宮だった。

しかし幸いにも大事には至らず、当日の夜8時からミュージックステーションの生放送にも出演していたんだそう。2005年8月5日の放送にて、大先輩SMAPさんとの共演でした。そんな事件の直後とは思えないほどキレッキレのダンスを披露してます。

ライブのアンコールで、浴衣姿で登場した嵐。二宮がアリーナ席の方の握手に応じ手を出したところ、脱臼してもおかしくないくらいに腕を強く引っ張られた。スタッフの方が慌てて止めに入り大事に至らなかったものの、バランスを崩して倒れ舞台から転落しそうに。

1 2 3