出典 xn--ols192eldr08h.com

米ハーバード大教授チャールズ・バカンティ氏・・・休職(事実上の失職)

米国留学時代の“恩師”でSTAP論文の共著者。
最後まで論文の撤回に反対した。

この情報が含まれているまとめはこちら

進まないSTAP細胞実験、小保方氏の希望は自己都合退職か?

小保方さんのSATP細胞再現実験が全く進んでいません。先日の、理化学研究所の中間報告発表でも、「再現できていない」との発表でした。もはや、宝くじや妖怪にも例えられるSTAP細胞。このまま発見できない場合、小保方さんはどうなる?何を望む?

このまとめを見る