1. まとめトップ

なんと多摩川の河川敷内に酒場が!?酒飲みの楽園『たぬきや』。

多摩川の河川敷内で80年間営業中。多摩川のほとり、河川敷内にそっと佇む、知る人ぞ知るお店があることをご存知ですか?そこは酒飲みの楽園なのです。ここは酒飲みの楽園『たぬきや』。多摩川に渡し船があった頃から営業している川茶屋です。「天国に一番近い酒場」、「昼酒好きの桃源郷」。あなたも行ってみませんか?

更新日: 2016年02月22日

shimikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 41983 view
お気に入り追加

多摩川のほとり、なんと河川敷内にそっと佇む、知る人ぞ知るお店があることをご存知ですか?そこは酒飲みの楽園なのです。

目指すは鉄橋を渡る車窓から見える、河川敷のトタン屋根の平屋。

JR南武線の稲田堤駅から徒歩8分ほど、駅を降りたらとにかく多摩川の方へまっすぐ歩いて行ってください。

目印はこのバス停。
目の前にある階段を上って、渡し場の跡の碑を横目に、河川敷へ降りていくと…。

多摩川のほとりにそっと佇む、いわゆる居酒屋というよりは休憩処に近いお店が現れます。

目の前が多摩川、しかも川沿いではなく河川敷内にあるため正確な住所が不明という、知る人ぞ知るお店です。

ここは酒飲みの楽園『たぬきや』。多摩川に渡し船があった頃から営業している川茶屋です。

プレハブ小屋のような建物があります。
「営業中」というのぼりがなければ飲み屋であることを見逃してしまいそうです。

『たぬきや』は創業昭和10年で昔はこの多摩川河川敷には40軒程はあった中の、今でも唯一残っているただ一軒の現役のお茶屋さん。

住所:神奈川県川崎市多摩区 多摩川河川敷内
営業時間:11:00~20:00
10月~5月は19:00まで。
定休日:不定休

たぬきや、僕が今までの人生で築き上げた、今思えば大したことのない居酒屋観を軽々と打ち砕いてくれました。
もう、圧倒的な最高さ!

茶屋と言いつつも酒場と化している、たぬきやさん。ご常連さんで大賑わいです。

天気の良い日には毎日昼間からご常連さんで大賑わいです。

老若男女が賑やかに一杯やっています。

何とも言えない穏やかな時間が過ぎてゆく…。

多摩川河川敷「たぬきや」は快感です。

なんともいえない開放感!
河川敷のオープンテラスは気持ち良いの一言です。

河川敷特有の川風が最高にビールがすすむ環境を用意してくれます。

やきそばは、普通のやきそば。
しかし、この焼きそばはうまいですよ!

普通のやきそばですが、麺の香ばしさ、そしてたっぷりの具と紅ショウガのハーモニー。

素晴らしい。

400円でこのボリュームは嬉しいですね♪

メニューはお酒もおつまみも充実していて、よくある公園の休憩処というよりは居酒屋に近いです。

酒飲みのツボを心得たラインナップです。

『たぬきや』の焼鳥、焼きとんもうまい!
焼き加減が絶妙。

こんなうまい焼鳥、焼きとんが出てこようとは!

煮込みも大きめのモツがゴロゴロ入って超うまい!

焼き鳥や煮込みをつまみに一杯ってのもいい感じです。

酒飲みが『たぬきや』にハマってしまうのもわかる気がします。

大きめのモツがゴロゴロ入って煮くずれることもなく、だけどしっかりと味も絡んでたまらなくうまい!
ここで「あれ?たぬきや、料理めちゃくちゃうまくね?」と気付かされた次第です。

コダマサワーのグラスが素敵です♪
ちなみにコダマと言うのは、大田区にある中小企業の飲料会社です。

昭和な香りがします。

川べりのあばら家を守る優しいおばちゃん 川風に吹かれて飲むビールは最高! ちなみにここの煮込みと焼きそばは絶品です(。>ω<。)@稲田堤 — 場所: たぬきや fb.me/2CMEDfqeZ

波ももちろんあるでしょうが、真昼間は飯食って一杯やって帰る人が多いから、そのすぐ後に潜り込むとよいですよ。おやつ時になると愛犬家の人たちが集まりだすので。

あの吉田類さんもよく来ていた『たぬきや』

「高知が生んだ偉大なる酔っぱらい」”酒場詩人”として知られ、イラストレーター・俳人であり酒に造詣の深い吉田類さん。

酒場を楽しむプロです。

『たぬきや』によく来ていたそうです。

吉田類さん主宰の句会『舟』をおこなったり、あの吉田類さんも『たぬきや』が好きなんでしょうね。

「天国に一番近い酒場」とか「昼酒好きの桃源郷」と呼ばれています。

多摩川河川敷のバラック居酒屋「たぬきや」。

ものすごく開放感があって、目の前に多摩川と空が広がって、さわやかな風が吹き抜けていきます。

非日常を満喫するにはもってこいです。

たぬきやの魅力の一つは雰囲気の良さです。

夜の風情も素晴らしい。

ドラマのセットのようですね。

居心地が良すぎて、昼過ぎに入ったのに気がつけば夜なんてことも(笑)

目の前に、どでかい川と空があるだけでこんなにも幸福度が増すもんでしょうか。

眼前に滔々と流れる多摩川の水が冷ましてくれた空気が店内を吹き抜け、目に入るのは川!空!土!

多摩川の河川敷にある休憩所。看板猫も可愛いし、サイクリングがてら行きたい! / “第66回「たぬきや(稲田堤)/牛もつ煮込み」: パリッコの「大衆酒場ベスト1000」” htn.to/KWkqrw

あなたも、多摩川河川敷の『たぬきや』で非日常を楽しんでみませんか?

関連リンク

1





shimikeさん

いろんなことをまとめていきます。