1. まとめトップ

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いはなんだろう?

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いはなんだろう?

更新日: 2014年09月03日

車好きさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2710 view
お気に入り追加

ハイオクとレギュラーガソリンの違い

ハイオクガソリンはハイオクタン価ガソリンの略。

ハイオクとはレギュラーガソリンよりもオクタン価が高いガソリンを意味する。

オクタン価とは

石油燃料を内燃機関で燃やしたときにノッキングと呼ばれる障害の起こしにくさ(アンチノッキング性)の度合い

※ノッキングとは

エンジンの4工程のうち燃焼・膨張工程で意図しない燃焼が起こってしまうこと

ノッキングが起きるメカニズム
正常な燃焼による火炎が到達する前に,末端の燃料,空気混合気が自発発火する。

以上まとめると

オクタン価が高い=ノッキングが起こりにくい=圧力を上げた時にガソリンが自然発火しにくい

オクタン価が違うとは具体的には何が違う?

イソオクタンの枝分かれ部分が、自然発火しにくくさせている

ただし、厳密にはオクタン価を上げるためイソオクタンを増やすだけでなく、添加剤も入れ調整されている。

1





自動車関係を中心に興味のある事項をまとめているぶ~
ぶーぶー速報
http://my2chmatome.ldblog.jp/