1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

英少女1,400人が性的虐待を受けていた事が発覚し大問題になっている

イギリス中部のある町で過去16年間で1400人もの少女が性的虐待を受けていたことが発覚した。警察はこの問題をずっと放置してきた。いったい何があったのか?

更新日: 2014年09月03日

82 お気に入り 460111 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haru-tomoさん

イギリス中部で16年間で少女1,400人以上が性的虐待を受けていた事が発覚

最近発表された調査報告書によると、イギリス、サウス・ヨークシャーのロザラムでは過去16年間、約1400人の子供が性的侵害を受けた

報告書では、少女を狙った集団強姦(ごうかん)や誘拐、人身売買などについて詳述しており、被害者の中には11歳の少女もいたことを明らかにしている

・実際にはもっといるらしく、最低で「1400人」ということらしい

「ロザラムでこの間、実際にどれほどの規模で子どもに対する性的搾取が行われていたのかは誰にも分らない」としつつ、「少なく見積もっても1400人の子どもたちが搾取されたとみられる」

■虐待を行なっていたのは、主にパキスタン移民でイスラム系

主に白人の少女を狙い人身売買をしていたとして、パキスタン系の男ら約10人が訴追されており、英国内のイスラム移民社会にも動揺が広がっている

・地元警察はずっと放置していた事も発覚。非難を浴びている

虐待については、2002~06年にも3件の報告があったが、地元当局はまともに取り合わず、対応を怠ってきた

10年に少女への性暴力で地元の男5人が実刑判決を受けたのを機に疑惑が浮上。自治体が昨年、調査を委託した

■ずっと見過ごされてきたのは「人種差別」を恐れたため?

地元当局は「犯人らの人種を特定することによって、人種差別主義者だと思われるとへの不安」を感じていたという

ロザラムのパキスタン系地方議員らが問題解決を妨げていたと説明。議員らは、事実を公にすれば人種差別をあおり、反移民など過激な政治勢力が台頭すると懸念を示していたという

・明らかになった恐怖の手口

虐待者たちは性的な欲求を満たすため、家族と離れ、施設に入れられた白人の少女たちに接近。贈り物や酒、麻薬を与えて強姦した後は、暴力を振るったり銃を突きつけて脅したりして口を封じていたた

他の被害者が強姦される現場に立ち会わせた上で「誰かに話したら次はお前の番だ」と脅されたりしていた

被害者のうち最年少は11歳の女児で、数人の男性に暴行された。報告書の中で「性的侵害を受けた子供の痛みは言葉では形容できない」と指摘した

■今回の事件ではイスラム系の少女も被害者にもなっていた

被害者にはパキスタン系など非白人の少女たちもいるが、報告書は、イスラム社会での村八分を恐れて告発できない可能性があるとして改善を求めた

イスラム法では、強姦、婚姻外の性交渉は"ジナー(姦通)罪"として刑罰の対象となっており、強姦された被害者にも関わらず、処罰されてしまう

■イギリスでは反移民感情が高まっている

イギリスの首都ロンドンでは、海外からの移民が増えた結果、これまで多数派だった白人のイギリス人が人口に占める割合が初めて50%を割り込み、少数派となった

英国は伝統的にアジア、カリブ海、アフリカなどの旧植民地出身の移民に寛容だった。しかし、“移民の増加で国民にはいらだちが深まっている”のが現状です

調査では、77%の調査対象者は、移民流入数の減少を支持している。さらに、56%の人は、
移民流入数の大幅減を望み、また21%の人は、小幅に削減することを願っている

・イスラム系移民の増加も問題になっている

1 2