1. まとめトップ

【エドガー・ケイシー療法(排泄)】ひまし油湿布の効能・やり方

エドガー・ケイシー療法の中でもっとも有名なのが温熱ひまし油湿布です。これはカラダに溜まった毒素(老廃物)を排泄し体内を浄化することで人間が本来持っている自然治癒力・免疫機能を高め健康なカラダに導くというものです。エステサロン等でも施術が施されていますが、自宅でも簡単にすることができます。

更新日: 2017年03月23日

GohanUSAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
248 お気に入り 289152 view
お気に入り追加

エドガー・ケイシーは、1924年から44年までの20年間に不治の病や原因不明の病気を治すことに尽力しました。

●ケイシー療法の4つの原理
【循環】 血液・リンパ液からなる体液の循環
【同化】食べた物を適切に消化吸収すること
【休息/休眠】体を充分に休めること
【排泄】 体内の老廃物を適切に排泄すること

この原理の中でも、ケイシーは特に4番目の「排泄」を非常に重視し、体内に毒素(老廃物)が蓄積されることを病気の最大の原因と見なしています。
体内に蓄積された毒素(老廃物)を排泄する方法として、ケイシーは食事による方法の他に、 ひまし油温熱パックなどを勧めています。

▼ひまし油湿布の効能・効果

湿布を当てるお腹まわりだけではなく、カラダ全体に働きかけてくれます。
●リンパの循環を良くし毒素・老廃物の排泄力向上
●便秘解消期待
●免疫機能向上期待
●代謝を高める期待
●内臓器官の活性化期待
●自律神経(交感神経・副交感神経)の調和期待
●精神的リラックス期待
●冷え改善・血行促進期待
●肩こり改善期待
●婦人病・不妊症改善期待
●生理痛緩和期待
●更年期障害改善期待
●アトピー性皮膚炎改善期待
●アレルギーなど体質改善期待
●太りにくいカラダ作りが期待
などなど、他にも人によって様々です。

▼美のカリスマ藤原美智子さんもひまし油湿布愛用者

ヘアメイクアーティストの藤原美智子さん
50歳超えてもこの美しさ。
藤原美智子さんはエッセイの中でこう言われています。
「肌が柔らかくしっとりして一日の毒素が排出されるような感じ 」

ケイシーのリーディングのなかで言われているのが「排泄」です。
体内に溜まった老廃物や便をきちんと排泄することで、
健康なカラダになり、若さ・美しさを保つことができるのです。

http://openers.jp/women/beauty_health/fujiwara_michiko/200911.html

▼自宅で簡単にできるひまし油湿布のやり方

【用意するもの】
・ひまし油(局方の「加香ひまし油」は不可)
・フランネル(ネル布)
・オイルシートまたはサランラップ
・温熱パッド(ホッカイロもOK)
・重曹

●フランネル864円はこちらで購入できます。
http://www.caycegoods.com/id.Cayce.CGoods.ECCO014.html

●ひまし油(キャスターオイル)
☆Heritage Products キャスターオイル(240ml):590円
http://www.sapoo.com/castor-oil-cold-pressed-8-oz-2-14657

☆Home Health キャスターオイル(237ml):570円
http://www.sapoo.com/castor-oil-8-oz-16808

※抽出法:低温圧搾法・冷圧搾法(コールドプレス)で抽出されたものをお使いください。

始める前に注意点!

●女性は生理中に行ってはなりません。出血が増え、生理が不順になります。
●妊娠中のひまし油パックも非常に効果がありますが、妊娠中はパックを温めないようにします。
●リンゴダイエットと同時にやってはいけません。

ステップ1:準備(湿布を作る)

オイルシート(サランラップ)の上にフランネル(3~4枚重ね)を置き、ひまし油を200~250ml注ぎます。

●作った湿布は1~2か月間使えます。
●湿布が乾いたらひまし油を適量追加してください。
常に湿布が十分に湿っている状態にします。

ステップ2:加湿(温める)

解毒の臓器である肝臓や大腸あたり(右側の助骨の下部あたり)を湿布が覆うように湿布をあて、温熱ヒーターで1~1時間半温めます。

※右脇腹のこのあたりに湿布をあてます。

※湿布中は横になり瞑想するなどリラックスしましょう。テレビや賑やかな音楽は避けましょう。

ステップ3:仕上げ(ふき取り)

湿布を外し、重曹を溶かしたお湯にタオルまたはキッチンペーパーを浸して拭き取ります。
(お湯1リットルに重曹大さじ山盛り2杯。)
身体から出た酸性の毒素を、重曹のアルカリが中和してくれます。

●3日目を終えたらオリーブオイル小さじ1~3杯飲みます。

1サイクル

基本はステップ1~3を3日間連続して湿布を行い、4日間休む。
これを3週間行い、1週間休みます。この1か月がワンサイクルになります。

▼体験談・口コミ

病気の発見につながった

2年近く続けているひまし油湿布には、大変な効果と強い信頼を置いています。
この湿布により病気が2つ見つかりました。
湿布をしながらベットに入った1時間後、これまで痛くなった事の無い子宮に激痛が走り、痛みが朝まで止まらない。そのまま婦人科へ駆け込み、卵巣に腫瘍が見つかりました。

リンパの腫れ、歯の痛み、シミにまで・・・

首のリンパが腫れ、歯も痛いのでヒマシ油湿布を首に巻いて寝ました。
湿布は大きいので鼻から下のマスクのような格好になりました。
朝起きてみると、歯の痛みもほとんど収まったのですが、
鼻から下が(顔の部分)シミなど薄くなっていたんですよー。

肩こり改善

温湿布を始めて4日目に起きた時に「肩が軽い!!!!!」
と一人で感動しました!
とにかく実感してびっくりです!
私の肩こりのひどさを知っている人たちは「確かに柔らかくなってる!」と!

痛風の痛みがとれた

父(60歳)が痛風にかかり、足先の腫れとあまりの痛みに
耐えかねたのか素直に湿布をしてくれました。
夜寝る時だけですが、3日で痛みがとれ、腫れもひきました。
ヒマシ油湿布すごいです。

1





GohanUSAさん

■美容・健康
■ヘルシーレシピ
■生活便利情報
■アメリカ情報