1. まとめトップ

殺処分寸前の命を救ったIKEAの取組みが賞賛されてる

世界的な家具販売店IKEA。シンガポールの店舗で行われたある取組みが世界中から賞賛を受けています。その理由とは?

更新日: 2014年09月08日

123 お気に入り 173794 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■IKEAが捨て犬の里親募集を開始

スタイリッシュな家具や雑貨を提供しているイケアは、動物保護施設と協力して、捨てられた犬の里親を募りはじめました

シンガポールのIKEAマーケティング広報部は、「Home for Hope」というプロジェクトと協力して、今も避難所にいる家を持たない犬をみんなに知ってもらう天才的な方法を考えた

■注目すべきその手法とは

店内にある各ショールームには実物大の里親さん募集中の犬達のカーボードの切り抜きが飾ってあります

彼らの首にはQRコードが付けられてあり、そこからスマートフォンにて、その犬のプロフィールやビデオなどで、その犬についての詳しい情報を得る事ができる

■「自分の部屋に犬がいたら...」をイメージさせている

殺処分を控えた犬たちが救われる機会を減らそうというこの取り組みで、多くの犬たちの命が救われてきた。

犬を飼ってくれそうな人がどういう場所に来るだろうか、どういうアプローチをすれば犬を飼ってみたいと思ってくれるだろうか、を考えたプロジェクト

家具を買い求めにきたお客さんもかわいい犬のいる生活を想像しやすい

■この取り組みは少しずつ、広がっています

他国での展開予定などは明らかにされていませんが、こういった活動を多くの人が見たり聞いたりする事で、動物愛護の意識が広まっていってほしいものです。

現在はまだシンガポールとアリゾナ州の店舗でのみ行っているそうですが、すでに効果が現れており、イケアを訪れた多くの人たちが、ホームレス犬の里親になっている

イケアのこのキャンペーンへの協力がきっかけとなり、今ではその他の家具の有名ブランド会社も、スポンサーとして参加している

1