1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
55 お気に入り 106039 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hiepitaさん

砂浜に大量のレゴ…

イングランド南西にある美しい海岸線の町「コーンウェル」のビーチに、大量のレゴブロックが流れ着いているいう情報が入ってきました。

コーンウォールはイングランドの州でもあり、イングランドの最も南西に位置

独自の文化を持った地域で、他の地域とは少し異なった雰囲気のある町。

しかも、日本で一般的に見られるものよりなんだか形がおもしろい。一体なぜ...?

原因は貨物船の事故みたい

遡って1997年のこと、トキオ・エクスプレスの積荷が事故で海に流れでてしまったのが原因

海へと落ちたコンテナの中には、41万8,000個の足ヒレ、3万3,941個のドラゴン、1万3,000個の水中銃、9万7,500個のスキューバセット、4,200個の黒いタコのブロックが入っていたのです。

海に漂うそれらのレゴが、海流の関係でこのビーチに何年にもわたって流れてきているというのが真相でした。

そのうちレゴは1コンテナだけだったので、それだけを考えても、海には実にいろいろなものが漂っているのでしょう。

ちなみに…

米フロリダ(Florida)州の砂浜に25日、巨大なレゴ(Lego)人形風の像が出現した。

全長2.5メートル、重さ約45キログラムのレゴ人形が突然現れたのは、フロリダのシエスタ・キー(Siesta Key)の砂浜

本家レゴランドは関与を否定

本家レゴランドのスポークスマンは「“レゴマン”は偽物であり、レゴランド及び関係企業は支持しない」との見解を発表

実はこの人形、過去にも漂流している

実はこの人形、海岸で人目にさらされたのは今回が初めてではなく、知る人の間では通称“レゴマン”と呼ばれている

2007年にオランダ、2008年に英国の海岸で発見され、そのたびに話題となった。

1 2