1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

korosukekunさん

志望校が少しづつ決まりつつあるこの時期。今回は少しでも役に立つように南平高校について紹介しようと思います

南平高校の紹介文

1984年の創立以来、難関大学に合格者を出す進学校として知られている。「正しい理念」「希望と意志」「行動と反省」が校訓。自主自律の精神育成のために、創立以来ノーチャイム制を実施している。2年と3年次の英語と数学は習熟度別の少人数授業を導入。長期休業中には全学年対象の受験対策講習を開いている。

2005年 - この年の入学生より新制服へ移行。都教育委員会より「重点支援校」に指定。

ガラスドーム付きプール!!!でも実は冷水。しかも水泳始まる時期が早過ぎる。
あとは、校庭が狭い!部活とか、いたるところで走ってて、コワイ・・・。

進学実績について

偏差値は60

文教、墨田川、田園調布[アドバンスト]、上野[特別進学]と同じ分類の都立上位校に属しています

年間の行事について

学園祭は「葵陵祭(きりょうさい)」と呼ばれ、毎年9月に文化祭と体育祭が合わせて行われている

5月に球技大会。6月に合唱コンクール、防災訓練(お泊り)。2月にマラソン大会。3月にドッチボール大会もある。他にも2年生になると修学旅行や校外学習がある。

実際に卒業していった先輩達の学校の雰囲気の口コミ情報

大概の人は部活動に励んでいて、運動部は特に活発なため、土日も活動しているところは多かったです。合宿もあります。

ものすごく宿題が多いし、小テストもたくさん。週末課題も大変で部活動との両立はきついです。課題をするのに時間がかかったり、課題を出すのを忘れちゃったりする人には本当にきつい学校だと思います。

MARCHへ行く人が一クラス分くらいです。進学だけでなく公務員や会社への就職の人もいます。

学校の制度で、ノーチャイム制度という授業の始まりや終わりを教えるチャイムがならない制度があります。慣れるまでバタバタしますが、慣れると自分で判断するようになります。社会に出てもこの自分で時計をみて行動するという能力は生かされるので、とても成長につながると思います。

1