1. まとめトップ

【モテ男】太宰治の名言から学ぶ恋愛テクニック

どうして太宰治のために尽くす女たちが、次から次へと現れたのか?モテ男、太宰治の恋愛哲学から学ぶ恋愛の心がけ方

更新日: 2014年11月14日

21 お気に入り 62870 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

モテモテの女性遍歴

青森の料亭で15歳の芸妓(げいぎ)・小山初代と知り合い深い仲になる。

1930年(昭和5年)、銀座のカフェの女給・田部あつみ(19歳、理知的で明るい美貌の人妻。夫は無名の画家)と出会い、そのまま浅草見物など3日間を共に過ごした後、11月28日夜、神奈川県小動崎(こゆるがさき)の畳岩の上でカルモチン心中を図る。

翌12月、一命を取り留めた太宰は青森碇ヶ関温泉で小山初代と仮祝言

妻初代は入院中に他の男と間違いを犯したことを告白

1937年(昭和12年)、内縁の妻・小山初代(1912-1944)とカルモチン自殺未遂

1938年(昭和13年)、地質学者・石原初太郎の娘である石原美知子(1912-1997)と結婚

1947年(38歳)、2月に神奈川まで太田静子(太宰に文章の指導を受けていた愛人)を訪ね5日間滞在。

1947年(昭和22年)、歌人太田静子との間に娘の太田治子が生まれ、太宰は認知

同年、三鷹駅前のうどん屋台で山崎富栄(当時28歳、戦争未亡人)と出会う。

1948年(昭和23年)6月13日に玉川上水で、愛人山崎富栄と入水自殺

太宰治の魅力とは

守ってあげたくなるような「弱さ」

母性本能くすぐり系

恋愛格言から学ぶ

愛は最高の奉仕だ。みじんも、自分の満足を思ってはいけない。

愛する相手をよろこばせることだけを考えます!

“もう一度お逢いして、その時、いやならハッキリ言って下さい。私のこの胸の炎は、あなたが点火したのですから、あなたが消して行って下さい。私ひとりの力では、とても消す事が出来ないのです。”

燃えるような恋の表現がうますぎてやばいっす!

少なくとも恋愛は、チャンスではないと思う。私はそれを意思だと思う。

自分次第でどうにでもできるということですね?先生!

愛することは、いのちがけだよ。甘いとは思わない。

いのちをかけて愛します!

てれくさくて言えないというのは、つまりは自分を大事にしているからだ

もうかっこつけたりなんかしない!

本当に愛しているならば、無意識に愛の言葉も出るものだ。どもりながらでもよい。たった一言でもよい。せっぱつまった言葉が出るものだ。愛は言葉だ。言葉がなくなりゃ、同時にこの世の中に、愛情もなくなるんだ。

あふれ出る感情をちゃんと言葉で伝えます!

怒涛に飛び込む思いで愛の言葉を叫ぶところに、愛の実体があるのだ。

力の限り叫び続けます!

1 2